ミドリムシの副作用

ミドリムシの副作用

ミドリムシは59種類もの栄養素を含み、また動物性と植物性の両方の特性を持ち合わせる素晴らしい生物です。
様々な健康効果があることで知られていますが、逆にそれだけの可能性があると副作用はないのか?安全性に問題はないのか?といった不安も湧いてくると思います。

ここではミドリムシの副作用や安全性について説明いたします。

ミドリムシに副作用はあるの?

結論から申し上げますと、ミドリムシは第三者機関による安全テストを合格しており、これまでに副作用などの事例は報告されていません。

ミドリムシには副作用がないことが確認されていますが、稀にミドリムシを摂取した方の中には、規定量を守っていてもお腹が緩くなってしまったというお声もあります。ミドリムシに含まれる特有の成分パラミロンは、体内の不要な物質などを吸着し排出させる働きがあるため、いつもより便が緩くなってしまったのではと推測されます。
ですので副作用ではなく、ミドリムシによる排出効果でより健康に近づいている体からのサインかもしれません。

ミドリムシの厳しい試験

ミドリムシの厳しい試験

ミドリムシを商品化するまでに、下記の安全試験が厳しく行われています。

①雌マウスを用いた急性経口毒性試験
雌のマウスに14日間、一定量のミドリムシを与え、その健康を害することがないかの安全性試験です。結果、変化はなく毒性もないことが確認されました。
②ラットを用いる13週間反復経口投与毒性試験(GLP対応)
13週間という長い期間、ミドリムシをラットに与え、毒性等がないかを確認する試験です。長期間でのミドリムシ摂取の安全性も確認されています。
③最近を用いる復帰突然変異試験(GLP対応)
サルモネラ菌と大腸菌を使用し、ミドリムシに発がん性があるかどうかを確認する試験です。結果、発がん性は認められませんでした。
④菌類や有害重金属等の安全性試験
害のある重金属や菌類がミドリムシに含まれていないかを調べる試験で、その存在は認められませんでした。
⑤Rec-assy:致死性試験
ミドリムシの摂取によりDNAに影響がないかを確認する試験です。結果、その影響はありませんでした。
⑥5大アレルギー試験
卵・乳・小麦・米・大豆の5大食物アレルギーを持つ人が、ミドリムシ摂取時にアレルギーを発症するかどうかを確認する試験。結果、発症はされませんでした。
⑦フェオホルバイド含有量調査試験
フェオホルバイドとはクロロフィル分解物の一種で、多量に摂取すると皮膚障害などを引き起こすことがあります。ミドリムシは分解されるとフェオホルバイドになる葉緑体をもっているため、この試験でその量を確認。結果、ミドリムシに含まれるフェオホルバイドは人体に影響のない量であることが確認されました。
⑧残留農薬および動物用医薬品780項目一斉分析試験
ミドリムシの農薬の残留量や動物用の医薬品としても大丈夫かどうかを確認する試験。結果、安全性が確認されました。

お薬と一緒に飲んでも大丈夫?

ユーグレナは食品ですので、お薬とご一緒にお飲みいただいても大丈夫です。
但し、お客様の症状にも個人差はございますので、お薬との飲み合わせがご心配な方、治療で食事制限をされている方は、お医者様にご相談下さい。

以上のように、ミドリムシは厳しい試験をクリアしていますのでとても安全性は高いといえます。
安心してミドリムシでの健康生活をご体感ください。

「いのちのユーグレナ~極み~」今すぐ始める
▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.