ミドリムシに含まれる栄養成分、トリプトファンとは?その効果や特徴を詳しく!

トリプトファンは体内で合成できない必須アミノ酸の1つで、精神の安定、うつ病の予防などに効果を発揮するといわれています。

ストレスに悩まされがちな現代人には特に積極的に摂取してほしいアミノ酸です。

 

毎日とらなければいけないものなので不足させないように気をつけましょう。

トリプトファンとは

トリプトファンは牛乳から発見されたアミノ酸の1種です。

 

人の体は主にタンパク質からできていますが、このタンパク質の構成成分がアミノ酸です。

 

自然界には数百種類のアミノ酸が存在しているといわれますが、人の体を作っているアミノ酸はわずか20種類。

そのなかでも体内で合成できない9種類のアミノ酸のことを必須アミノ酸と呼んでいます。

 

トリプトファンはこの必須アミノ酸にあたる重要なアミノ酸です。

必須アミノ酸は食事やサプリメントを通して毎日摂取する必要があります。

心身の健康に直結する栄養素でもありますので不足しないように注意しましょう。

トリプトファンの効果・効能って?

トリプトファンの効果効能って

まずトリプトファンは肝臓に運ばれ、身体のエネルギー源として使われます。

また脳に運ばれると、セロトニンやメラトニンという脳内ホルモンの材料になります。

 

セロトニンは精神を安定させる作用を持っており、幸福ホルモンともいわれています。

私たちが日常生活のストレスに打ち勝ち、精神状態を穏やかに保つためには欠かせない脳内ホルモンです。

さらに腸の蠕動運動を促す作用や鎮痛作用、血管を収縮させ止血する作用もあります。

 

またセロトニンは体内時計に関わるホルモンでもあります。セロトニンは朝から昼間にかけて多く分泌され、夕方以降は徐々に分泌量が減っていきます。

代わりに分泌量が増えてくるのがメラトニンです。日中分泌されたセロトニンは夜になるとメラトニンという脳内ホルモンに変化します。

メラトニンには入眠を促す作用があり、自然な眠気と快眠をもたらしてくれます。

 

さらにトリプトファンは代謝アップに不可欠なナイアシンの合成にも関係しています。

ストレスフルな人、快眠を得たい人だけでなく、ダイエットしたい人も不足させてはいけないアミノ酸といえるでしょう。

トリプトファンはどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

トリプトファンとは

トリプトファンは牛乳、チーズ、大豆製品、魚、卵、肉といった食べ物に多く含まれます。

さらにバナナやナッツ類、小麦胚芽にも豊富です。不眠にホットミルクといわれるのも、牛乳に含まれるトリプトファンの効果を期待してのことです。

 

必須アミノ酸であるトリプトファンは毎日摂取しないといけないアミノ酸です。

基本的にタンパク質豊富な食品に多く含まれていますので、ダイエットや偏食が原因でタンパク質を食べない食生活を送っているとトリプトファンも不足するリスクがあります。

 

またトリプトファンの摂取にあたっては、アミノ酸スコアを考えることも重要になります。

必須アミノ酸はトリプトファンを含め9種類存在していますが、食品中の必須アミノ酸がすべて利用されるとは限りません。

9種類のアミノ酸がすべて適切な割合で含まれていないと利用効率が悪くなってしまうのです。

この利用効率のよさを点数化したものがアミノ酸スコアです。

 

基本的にアミノ酸スコアが100に近づくほど、利用効率がよく良質なタンパク質と判定されます。

アミノ酸スコアが100の食品としては、肉や卵、牛乳、魚といった動物性タンパク質が挙げられます。

 

>トリプトファンを摂るなら「いのちのユーグレナ~極み~」。59種類の豊富な栄養成分。しかも含有量たっぷり!

トリプトファンは不足するとどんな症状が起きるのか?

トリプトファンは精神安定に効能があるアミノ酸のため、不足すると心の健康が脅かされる可能性が出てきます。

トリプトファンが不足すると幸福ホルモンであるセロトニンの生産量が減ってしまい、イライラなど精神面の不調に悩まされやすくなるのです。

実際、うつ病の人では血中のトリプトファン濃度が低下しているという研究もあります。

ストレスから身を守るためにも不足は避けたいアミノ酸といえるでしょう。

 

またセロトニンが減ってしまうということは、睡眠ホルモンであるメラトニンが減ってしまうことも意味します。

したがってトリプトファン不足が続くとメラトニンが不足し、不眠になりやすくなります。

 

さらにトリプトファン不足はダイエットにも悪影響を与える可能性があります。

トリプトファンは代謝アップのビタミン・ナイアシンの材料になるため、不足すると代謝が低下してしまうおそれがあるのです。

 

ダイエット中だからといって野菜ばかり食べず、肉や魚などの良質なタンパク質もきちんと摂るようにしましょう。

1日にどれくらい摂取したら良いの?

厚生労働省によると、トリプトファンの1日あたりの推定平均必要量は体重1kgあたり6mgとなっています。

また1日の摂取上限については6000mg以下が望ましいといわれています。

 

トリプトファンは体に不可欠な必須アミノ酸ですが、大量摂取はかえって体に悪影響を及ぼす可能性があります。

過剰摂取で痙攣や嘔吐などの副作用、さらには肝硬変や肝機能障害が起きるリスクも指摘されています。

 

食事で摂取している分には特に問題はありませんが、トリプトファンが大量に含まれるサプリメントを飲むときは注意が必要です。

 

さらにトリプトファンに限らずアミノ酸やタンパク質の大量摂取は肝臓や腎臓に負担をかけます。

タンパク質の1日あたりの必要量はまったく運動しない人で体重×1g、運動する人で体重×1.5~2gくらいといわれています。

 

トリプトファン補給にはタンパク質豊富な食事が不可欠ですが、タンパク質のとりすぎにも注意しましょう。

トリプトファンとその他栄養をバランスよく摂るならミドリムシサプリがオススメ

乳酸菌を活性化するミドリムシ

セロトニンは精神安定、快眠のカギを握る脳内物質です。

セロトニンを作るためにはトリプトファンのほかにマグネシウムやビタミンB6、ナイアシンといった栄養素も必要になります。

 

栄養素59種類の【いのちのユーグレナ~極み~いのちのユーグレナ~極み~】ならトリプトファンを含むアミノ酸、ビタミン・ミネラル類をまとめて摂取できます。

ミドリムシ由来の天然サプリメントなのでトリプトファンの過剰摂取になる心配もありません。

 

しかもミドリムシはアミノ酸スコア87という良質のタンパク源であることもポイント。ストレス社会で戦う人におすすめです。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.