バランスの取れた健康食品!ユーグレナを選びたい理由

話題の「ユーグレナ」は、よく耳にするけどわからないという人も多いことでしょう。

ユーグレナは植物にも動物にも属されている不思議な生物です。

また、栄養価に優れ、食糧危機の大事な栄養源になるともいわれています。

ここでは、健康食品として注目を集めるユーグレナは、「どのような点が優れているか」について詳しく解説します。

栄養素の種類が豊富でバランスもいい

ユーグレナは日本名をミドリムシといい、ミドリムシ網ミドリムシ目属の単細胞生物です。

大きさは0.05mmほどで、植物にも動物にも分類されている世界で唯一の生物です。

ユーグレナは植物としては「藻」、動物としては「原生動物」と分類され、その両方の栄養価を持つことで知られています。

 

ユーグレナに含まれる栄養素は実に59種類となり、人間の身体に必要な栄養素をバランスよく含んでいることが特徴です。

ビタミンはビタミンDやビタミンB1、ビタミンB2を始め14種類、ミネラルはリンやナトリウム、カリウムなど9種類が含まれています。

アミノ酸はグルタミン酸など18種類が、EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸は11種類です。

また、その他の栄養素としてGABAなどの7種類が含まれます。

 

このようにユーグレナにはビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など多種の栄養素が含まれています。

よってユーグレナを摂取するだけで、必須栄養素をバランスよく効率的に摂ることができます。

しかも、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを下げるといわれるオレイン酸や、血栓ができるのを防止するといわれるリノレン酸も摂取できます。

魚に含まれる不飽和脂肪酸のDHAやEPAも摂取できるので、通常肉や魚、野菜から摂取する健康効果の高い栄養素をユーグレナからまとめて摂ることが可能なのです。

野菜よりも格段に吸収率がいい

野菜よりも吸収率がいい

食物の栄養素を身体に摂り入れる際に重視されるのが吸収率です。

吸収率というのは読んで字のごとく、食べたものが身体にどの程度吸収されるのかという割合です。

 

実は食べ物の成分量そのままが身体に摂り入れられるわけではなく、吸収率は食物によって違いがあります。

吸収率の違いは、栄養素がそもそも持つ特徴や他の栄養素との関係にも影響されます。

たとえば、ヨーグルトや小松菜などに含まれるカルシウムは、ビタミンDによって吸収されやすくなるため、カルシウムとビタミンDを一緒に摂ることが推奨されるのはそのためです。

 

そのほか、野菜など植物の細胞壁も吸収率に関係してきます。

細胞壁は容易に破壊されにくく、人間の消化酵素では完全に消化や吸収をすることが難しい性質があります。

ところがユーグレナは植物でもありますが、動物の性質も持ち合わせているため細胞壁が存在しません。

そのため吸収率が非常によく、植物が持っている栄養素の93.1%を吸収することが可能です。

 

野菜として摂ると吸収率が落ちる栄養素も、ユーグレナなら吸収しやすいということも大きなメリットといえるでしょう。

ユーグレナだけの独自成分がある

ユーグレナに含まれる驚きの効果は、パラミロンという独自成分にあるといってよいでしょう。

パラミロンはβ-グルカンの一種で、ユーグレナだけに含まれる成分です。

このパラロミンの形状は三重らせん構造をしており、多数の穴が空いている多孔質となっています。

この物質内のたくさんの穴が網目の役目を果たし、腸内の便や老廃物を絡め取る働きをします。

 

また、パラミロンは難消化性で、胃や腸内で消化されにくいというのが特徴です。

腸内で老廃物などを絡めたまま吸収されずに排出されます。有害物質や中性脂肪など、身体に必要ないものを外に排出する優れたデトックス効果があるのです。

 

また、もともとβ-グルカンは抗ガン作用があり、コレステロールの調整や免疫の強化に効果があるといわれる物質です。

その一種であるパラミロンにも同様の効果があり、免疫力を強化することからウィルスや細菌から身体を守り、病気になりにくい健康な身体作りの後押しをする働きが期待できます。

さらに、余分なコレステロールが多くの穴に入り込み、吸着するという性質からコレステロールの調整にも一役買っています。

 

健康を司るといわれる腸内で多くの働きを促進するのがユーグレナ独自の成分、パラミロンなのです。

栄養を摂るだけでは終わらない健康食品

ユーグレナは植物と動物の両方の性質を持ち合わせている不思議な生物です。

葉緑体を持ち光合成をする植物としての機能がありながら、べん毛によって運動をするという動物的な機能をも持っています。

植物・動物それぞれが持つ独自の栄養素を持ち合わせるのはユーグレナの大きな特色です。

 

私たちの日常の食生活ではなかなか摂取できない栄養素をサプリなどで補うことがあります。

そのため、「健康食品は足りない栄養を補給するためのもの」というイメージが多いものです。

しかし、ユーグレナはそれだけで多くの栄養素を摂り入れることが可能です。

「ユーグレナが食糧危機における大事な食料源になる」といわれるのはそのためでしょう。

 

ユーグレナはそれだけにとどまらない、さまざまな機能を持つ食品です。

パラミロンというユーグレナ独自のβ-グルカンの働きにより、腸内の老廃物の排出やコレステロールの調整など健康維持のためにも大きな効果が期待できる食品でもあるのです。

 

健康を意識する人の間で注目を集めるユーグレナ、その効果を実感してみてはいかがでしょうか。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの豆知識に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.