ビタミンDが不足すると気分が鬱々とする… ミドリムシで効果的に摂取しよう!

血液中のカルシウムを骨へ吸収させる際、必要な栄養素といわれているビタミンD。

また、ビタミンDは不足するとうつ病発生リスクが高まることでも知られています。

そんなビタミンDは、厚生労働省による「平成21年度国民健康・栄養調査報告」でも多くの日本人が慢性的に不足していると指摘されている栄養素です。

 

そこで、今回はビタミンDの特徴と上手に摂取するためのコツについてご紹介しましょう。

ビタミンDはカルシウムとともに骨や歯を作る成分

ビタミンDは油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。

その働きは主に2つあり、ひとつは小腸や腎臓でカルシウムとリンが吸収されるのを促進することが挙げられます。

 

また、ビタミンDには骨や血液にカルシウムを運んだ後、そのカルシウムを沈着させる作用があるのも忘れてはならないポイントです。

そうすることによって摂取したカルシウムが使われないまま体外へと排出されてしまうことを防ぐといわれています。

 

これらの2つの作用により、ビタミンDはカルシウム不足改善のための欠かせない栄養素とされています。

強い歯や骨を作るためにカルシウムを摂取することは大切です。

 

しかし、カルシウムだけをどれだけ一生懸命摂取してもビタミンDが不足していれば意味がありません。

カルシウムと同時にビタミンDもしっかり摂取することが重要なのです。

どんな食品に多く含まれる?

ビタミンDは大きく分けてビタミンD2とD3があります。

 

ビタミンD2は植物性の食品に含まれており、代表的な食品としてはしいたけやしめじなどのきのこ類が挙げられます。

とりわけ太陽の光に含まれる紫外線を浴びて乾燥させた干し椎茸などの方が、干していないきのこ類よりも含有率が高いのが特徴です。

 

ビタミンD3は動物性の食品に多く含まれています。

たとえば肝油やレバーのほか、くろかじき、紅鮭、さんま、カワハギといった魚介類です。

魚介類にはカルシウムも多く含まれているため、積極的に摂取するのがおすすめです。

 

また、ビタミンDは脂溶性ビタミンなので加熱調理をしても栄養の損失が少ないという特徴があります。

むしろ油で調理することによって吸収率がより高まります。

 

しかし、ビタミンDを多く含む食品は限られているため、そういった食品を日頃から摂取する機会の少ない人は不足してしまわないよう注意が必要です。

紫外線を浴びることで体内で合成される!

紫外線を浴びることでビタミンDを合成

ビタミンDは食品から摂取することができますが、日光に含まれる紫外線を浴びることによって人体でも合成される特徴を持ちます。

 

ビタミンDを体内で生成するためには、一日10~20分ほどの日光浴をする必要があります。

日光浴が必要といっても、直射日光を浴び続けなければならないというわけではありません。

窓から差し込む太陽の光でもかまいませんし、ちょっと散歩に出かける程度でも紫外線にはあたっています。

 

たとえば朝、起きた時に窓を開けて太陽の光を感じるのでもよいでしょう。

朝に日の光を浴びることは体内のリズムを整える働きもあるため、規則正しい生活習慣にもつながります。

 

しかし、冬季のように日光が少ない時期ではビタミンDが作られにくくなるため、普段よりも長い時間日光を浴びるのがおすすめです。

 

また、そのほかの方法としては積極的に食べ物から摂取したり、サプリメントを活用したりするとよいでしょう。

ビタミンDの過剰摂取・不足による体への影響

ビタミンDが欠乏すると体の中のカルシウムの働きが低下してしまい、筋力低下や足の痛み、免疫力低下、動脈硬化、糖尿病、骨粗しょう症、骨軟化症、うつ、花粉症などのさまざまな症状を引き起こすとされています。

また、赤ちゃんや子どもでは、くる病の原因になるともいわれています。

ビタミンDの一日摂取目安は成人で5μgですので、不足してしまわないように気をつけましょう。

 

とはいうものの、ビタミンDは摂取すればするほどよいのかというとそうではありません。

上限量は50μgだとされており、過剰摂取すると血中カルシウム濃度の上昇によって、尿毒症を起こしたり筋肉や心臓へのカルシウム沈着、軟化組織の石灰化などの症状が現れたりすることがあります。

そのほかにも食欲不振や体重減少、嘔吐、高カルシウム血症、腎障害といった症状も報告されています。

 

通常の食事でビタミンDが過剰になることはほとんどありませんが、サプリメントなどを利用する場合には注意が必要です。

ビタミンDを摂取する際には適切量を守るよう気をつけましょう。

ミドリムシでビタミンDを摂取するとメリットがたくさん

ビタミンDの効果を実感するためには、ビタミンDだけでなくカルシウムなどほかの栄養素を摂取することも大切です。

 

そこで、他の栄養素とのバランスも考慮しながらビタミンDを効率よく摂取する方法のひとつとして挙げられるのは、ミドリムシのサプリメントです。

ミドリムシサプリにはミネラルが豊富に含まれています。

ビタミンDと一緒に摂りたいカルシウムも多く入っているため、密接に関係した二つの栄養素のどちらも効率よく摂取できるというわけです。

 

また、ビタミンDを含んでいる食品は数が限られています。

そのため毎日必ずその食材を摂取するというのは難しいという人も多いでしょう。

そんな場合でも、サプリメントであれば毎日欠かさず摂取することができます。

効率的なだけでなく、手軽に摂取できるのも嬉しいメリットといえるでしょう。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.