ミドリムシに含まれる栄養成分、マグネシウムとは?その効果や特徴を詳しく!

代表的なミネラルである割には、マグネシウムがどんな働きをしているかはあまり知られていないかもしれません。

実はカルシウムと兄弟のような密接な関係にあり、骨や歯を作っています。

 

生命活動に必要不可欠であるにも関わらず、現代人には不足しがちな栄養素でもあります。

マグネシウムについてもっとよく知っておきましょう。

マグネシウムとは

マグネシウムは代表的なミネラルの一つで、体内で行われているほぼすべての生合成と代謝の働きに必要なため、生命活動には欠くことのできないものです。

 

マグネシウムは体内に約25g存在しており、そのうち50〜60%が骨の中に、20%は筋肉の中に、それ以外はタンパク質と結合して様々な器官の中に存在しています。

 

しかしながら、現代の食生活ではカルシウム以上に不足しがちな栄養素でもあります。

特に日本人はなじみのある水のほとんどがミネラルの少ない軟水であることから、どうしても摂取する機会が少ないのです。

マグネシウムの効果・効能って?

マグネシウムは体内にある300種類以上の酵素の働きやエネルギーの産生を助けています。

また、血液循環を維持するために働くほか、神経の興奮を抑える、血圧を調整する、筋肉の収縮などの非常に重要な働きにも関わっています。

さらにはカルシウムと密接に関わり、骨や歯の形成に大切な役割をしています。

 

これらの働きから、マグネシウムの効果・効能としていえることはいくつもあります。

まず、骨に弾力を与えしなやかで丈夫な骨を形成します。ただし、これはカルシウムとの連携が必須であり、健やかな骨を作るためにはカルシウムとマグネシウムとがバランス良く働く必要があります。

 

次に、血圧の上昇を抑えて高血圧を防ぎます。さらに、筋肉の収縮や血の固まりにくさにも関わり、血栓ができるのを防ぐため、心筋梗塞や狭心症のような心疾患を防いでいます。

 

また、細胞がLDLコレステロールを取り込むのを促進して血中のLDLを減少させることで、動脈硬化を予防しています。

神経の興奮を抑えて神経伝達を正常にするため、精神状態を安定させる効果もあります。

マグネシウムはどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

マグネシウムはどんな食品に

マグネシウムが多く含まれている食べ物は、大まかにいえば大豆製品、魚介類、海藻、ナッツ類です。

 

大豆製品の中で特に多く含まれているのは、きな粉、ゆで大豆、油揚げ、納豆などです。

魚介類では干しえび、するめ、あさり、いくらなどに多く含まれます。

ただし、干しえびのような乾物には塩分が多い場合があるので、大量に摂取しないように注意が必要です。

 

海藻ではあおさ、あおのり、わかめ、ひじきなどに豊富です。

これらは汁物に入れたり、常備菜の煮物を作るのに便利な食材が多いので、毎日の食事に上手に取り入れていきましょう。

 

また、ナッツ類では、ごま、アマランサス、アーモンド、松の実、カシューナッツなどに豊富に含まれています。

手軽に食べやすいので、間食などに少しずつつまんで摂取するとよいでしょう。

ただし大量に食べるのは大変ですし、カロリーもかなり高いため、補助的に取り入れるのがいいでしょう。

 

スーパーフードといわれるアマランサスは、サラダやスープに加えたり、ごまのように青菜や海藻に和えたりできて使い勝手も良い食品です。

 

その他、硬水のミネラルウォーターを水分補給に取り入れてみるのもいいでしょう。

 

>マグネシウムを含む59種類の栄養成分がたっぷりのミドリムシサプリ「いのちのユーグレナ~極み~」はこちらから

マグネシウムは不足するとどんな症状が起きるのか?

マグネシウムもまたカルシウムと同じように骨に貯蔵されていて不足したときに取り出されるのですが、カルシウムほどうまく取り出す働きができません。

欧米化に傾いた現代人の食生活ではどうしてもマグネシウムが不足しがちなため、欠乏症が起こりやすくなります。

また、肉や加工食品、清涼飲料水に含まれるリンの摂取が多いとマグネシウムの吸収が妨げられたり、アルコールの取り過ぎや睡眠不足、運動不足などがマグネシウム不足を引き起こしたりもします。

 

欠乏症の症状は、マグネシウムの働きが低下することで起こってきます。

血行が悪くなるため学習能力や記憶力が低下したり、吐き気、不整脈、眠気、脱力感、筋肉のけいれん、ふるえ、食欲不振などが起こります。

 

長期に渡ってマグネシウムが不足した状態が続くと、不眠、規則性のある頭痛、精神疾患、女性の場合は無月経や重い月経痛などにもつながります。

さらに高血圧、脳卒中、骨粗しょう症、心疾患、糖尿病などのリスクも高まってしまいます。

1日にどれくらい摂取したら良いの?

厚生労働省の日本人の食事摂取基準・2015年版では、成人男性(18〜29歳)が1日に摂取したいマグネシウムの推奨量は340mg、成人女性(18〜29歳)の推奨量は270mgとされています。

妊婦の場合は年齢別の推奨量にさらに40mgを追加します。

 

ただし、睡眠不足や運動不足、多くのストレスにさらされているときなどには、体内で消費されるマグネシウムの量が増加するため、必要となるマグネシウムが増えます。

 

普通の食事の中で過剰摂取になることはまずありませんが、サプリメントなどの利用によって過剰になった場合は下痢が起こります。

そのため医薬品では緩下剤としても使用されています。

 

普通の食品からの摂取の場合は耐容上限量が制限されていませんが、食品以外からの摂取量の耐容上限量は、成人の場合1日350mgまで、小児の場合は1日に体重1kgにつき5mgとされています

 

サプリメントを併用する場合などは、上限を超えないように自分自身で管理する必要があります。

マグネシウムとその他栄養をバランスよく摂るならミドリムシサプリがオススメ

栄養素は普段の食事からバランス良く摂取できるのがベストです。

 

どうしても栄養素を十分とりきれずサプリメントを利用する場合にも、天然素材から作られていて栄養バランスがよく、不要な添加物を使っていないものがオススメです。

 

まさにそれにピッタリなのが、サプリメント「いのちのユーグレナ~極み~いのちのユーグレナ~極み~」です。

自然たっぷりの石垣島で育ったユーグレナには、マグネシウム、カルシウムをはじめ59種類もの栄養素が含まれています。

高品質なうえ、コストパフォーマンスも抜群です。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.