ミドリムシってどんな増え方するの?大量培養は難しい?

ミドリムシサプリメントはビタミンやミネラルなど59種類もの豊富な栄養素を含み、美容や健康にうれしいさまざまな効果が期待できます。

ミドリムシは5億年前から存在し強い生命力を持っていますが、人間がそれを食べるようになってから、それほど長い年月が経っていません。

それはミドリムシの大量培養が困難だったからです。

 

ここでは、ミドリムシの増え方や大量培養に成功した理由などについて詳しく紹介していきます。

細胞分裂を繰り返す!ミドリムシの増え方

ミドリムシには人間やその他の生物のように寿命がない、つまり永遠に生き続けることが可能です。

それはミドリムシの増え方が特徴的で細胞分裂によって増えるからです。

人間にもミドリムシにも遺伝子の先端部分にはテロメアという部分がありますが、細胞分裂を繰り返していくとだんだんと短くなります。

そして最終的に細胞分裂が行われなくなりその結果老化現象が起こってしまうのです。

 

ミドリムシも細胞分裂を繰り返しているため人間やその他の生物と同じくテロメアが短くなってきます。

しかし、ミドリムシは他のミドリムシと接合して遺伝子を交換できるのです。

そのときにテロメアがリセットされて細胞分裂を活発に行えるようになります。

 

細胞分裂が次第に行われなくなると老化がすすみ、最終的には死にいたります。

しかし、ミドリムシは細胞分裂を絶えず行っていますので老化が起こりません。つまり長く生き続けられるのです。

ミドリムシは大量培養が難しい…

寿命もないミドリムシの増え方は細胞分裂を繰り返すことですので、際限なくその数を増やせると考えてしまうかもしれません。

しかし、ミドリムシだけを大量に培養するのは難しい傾向です。それには2つの理由があります。

 

1つ目の理由はミドリムシが生きていくのには栄養が欠かせないからです。

ミドリムシは光合成をしながら育ち、細胞分裂によってその数を増やす増え方をしていきます。

成長するときには窒素やリンといった栄養が必要になりますので、それらが不足している場所では生息できないのです。

 

2つ目の理由はミドリムシをエサとする捕食者がいるからです。ミドリムシは生命力が強くミドリムシを増やすこと自体はそれほど難しくはありません。

しかし、ミドリムシは食物連鎖の最下層に属する生物であり、常に他の生物から食べられる可能性があります。

それが、ミドリムシだけを大量培養するのを妨げてしまっているのです。

 

ミドリムシは春から夏の田んぼや浅めの水たまりなどに大量発生しますが、その中にはミジンコやゾウリムシといったミドリムシを食べる他の生物が多く存在しミドリムシを食べてしまうのです。

ミドリムシだけを大量に抽出してクリーンルームのような環境にある培養プールに入れたとします。

それでもミドリムシ以外の生物や不純物が培養プールに混入するのを防ぐことは相当困難なのです。

ユーグレナがミドリムシの大量培養に成功した理由とは?

ミドリムシの大量培養に成功した理由

今まで困難だったミドリムシの大量培養に成功したのは、日本の株式会社ユーグレナです。

株式会社ユーグレナを立ち上げたのはミドリムシの研究を熱心に行う東京大学の学生たちでした。

世界中の研究機関でもミドリムシを大量培養する研究が行われていたのですが、日本でそれが成功したのは今までの概念を捨てて発想を大転換させたことがきっかけでした。

それまではミドリムシの培養液に他の生物が侵入できなにようにすることに主眼が置かれており、クリーンルームのような環境での研究が主流でした。

その環境でもミドリムシを大量培養することが難しく、しかも施設や設備を作るのに莫大なコストがかかっていたのです。

 

株式会社ユーグレナは何度も失敗を繰り返しながら、別のアプローチ方法を導き出しました。

それは、他の生物が侵入できないようにするのではなく、ミドリムシしか生きられない環境を作るということに着眼を変えるというものだったのです。

 

研究を重ねた結果、株式会社ユーグレナはミドリムシしか生きられない培養液を作ることに成功しました。

また、大量培養できたとしても、そのために高額な費用がかかってしまうと、ミドリムシを普及させることが難しくなります。

その点ユーグレナが考えた培養方法は高額な投資費用もかからずに行えることから、安価で大量にミドリムシを増やせるのです。

 

そのおかげでサプリメントやスキンケアやメイク用品といった、さまざまなミドリムシ製品の販売や、燃料や温暖化防止などさまざまな形でミドリムシの活用が可能になったのです。

 

【おすすめ記事】ミドリムシの大量培養成功により誕生した、栄養ぎっしりのサプリメント。その凄さとは?

ミドリムシを増やすなら環境を整えることが大事

ミドリムシは田んぼや沼、川などどのような場所でも生息できる強い生命力があります。

しかし、そのような場所では他の生物も多く、それらに食べられる可能性が高いためミドリムシの数を増やすことは難しいでしょう。

 

また、水の状態によっては安全性も気になります。ミドリムシを育てるのは、それほど難しくはありませんが、大量に増やすには環境作りが重要になってきます。

 

ミドリムシの大量培養に成功した株式会社ユーグレナがミドリムシの培養工場を沖縄県石垣島に作っているのは、培養に適した条件がそろっているからです。

石垣島は1年を通じて平均気温が23度で晴天の日も多いため、ミドリムシが光合成をするのに最適な環境といえます。

ミドリムシを培養するのにもミネラル豊富な水が得られるため、安全性の高いミドリムシが培養できるのです。

 

こちらの記事も読まれています
↓↓↓↓↓↓

バランスの取れた健康食品!ユーグレナを選びたい理由

 

ミドリムシ・ユーグレナの豆知識に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.