ミドリムシには不飽和脂肪酸がたっぷり!優れた効果効能について

ミドリムシに豊富に含まれる「不飽和脂肪酸」は、健康へのさまざまな効果・効能が期待されている成分です。

 

ここでは不飽和脂肪酸がどのようなものなのかを詳しく解説するとともに、ミドリムシの魅力についても紹介します。

不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の違いとは?

普段の食事で口にする油脂には、オリーブオイルやごま油などの植物性からバターやラードなどの動物性まで、たくさんの種類があります。

これらに含まれる脂肪酸は大きく「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」に分類することができ、特徴的なのが常温での性状です。

 

まず不飽和脂肪酸は常温で液体であることが特徴で、植物の種子や青魚などに多く含まれます。

常温で液体なので体内に入っても固まりにくく、体にたまりにくいといわれています。

 

一方、肉類や乳製品などに多く含まれる飽和脂肪酸は常温では固体です。

エネルギー源や身体の構成成分にもなる半面、過剰に摂取すると動脈硬化や生活習慣病の原因になる可能性もあるため注意しましょう。

 

「脂肪」という言葉には不健康なイメージを抱きがちですが、実は健康な体を維持するためには必要不可欠なものです。

不飽和脂肪酸は余分な中性脂肪を減らしたり、コレステロールの過剰を予防したりするといわれているため、適量を上手に摂取していきましょう。

不飽和脂肪酸が体にもたらす効果

不飽和脂肪酸が体にもたらす効果

不飽和脂肪酸はさまざまな健康効果が期待されています。

例えば、年齢を重ねるごとに気になる動脈硬化や血栓、高血圧の予防などがその代表的なものです。

 

また、年齢を問わず注目されているのは視力改善や記憶力アップなどでしょう。

 

同じ不飽和脂肪酸でも種類によって期待できる効果は異なるため、好みや目的に合わせて油を選ぶことが大切です。

不飽和脂肪酸は3種類!それぞれの働きについて

不飽和脂肪酸は「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分類され、さらに多価不飽和脂肪酸は「n-3系脂肪酸」と「n-6系脂肪酸」に分かれます。

 

1つ目の一価不飽和脂肪酸はオレイン酸が主で、多く含まれている油としてオリーブオイルが有名です。

一価不飽和脂肪酸は体内で合成できるため、必須脂肪酸(食品から必ず摂取しなくてはいけない脂肪酸)ではありませんが、過剰になると動脈硬化などにつながる悪玉コレステロールを減らす働きがあるとして注目されています。

不飽和脂肪酸のなかでは一番酸化しにくいため、調理に使いやすいことも特徴です。

 

2つ目のn-3系脂肪酸は、亜麻仁油やえごま油に多いα-リノレン酸と青魚に多いDHA・EPAが知られています。

α-リノレン酸は体内でDHA・EPAに変化する性質があり、血中の中性脂肪を減らしたり、血栓の防止、網膜の健康維持にも役立つとされています。

 

DHA・EPAは「頭がよくなる」としても話題になりました。

n-3系脂肪酸は善玉コレステロールを増やすともいわれているため、生活習慣病を予防したいひとに適した油といえるでしょう。

 

そして3つ目のn-6系脂肪酸はリノール酸が主で、過剰摂取には注意したい脂肪酸です。

大豆油やごま油など一般的な油に多く含まれ、n-3系脂肪酸とともに必須脂肪酸ですが、摂り過ぎると悪玉コレステロールだけでなく善玉コレステロールも減らしてしまったり、アレルギーを悪化させたりするとの指摘もあります。

 

なお、飽和脂肪酸・一価不飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸は「3:4:3」のバランスで摂取するのが理想的です。

どれかに偏ることなく、バランスを考えて取り入れるとよいでしょう。

不飽和脂肪酸が不足すると…

飽食となり、昔と比べて青魚を食べる機会が減少している日本人の食生活では、必然的にDHAやEPAの摂取量も低下しているはずです。

 

前述の不飽和脂肪酸の働きからもわかる通り、不足すると動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの病気につながる可能性があります。

また、病気とまではいかなくとも集中力が低下したり、子どもの発育不良などの症状が現れる可能性もないとはいえないでしょう。

 

しかし、どんなに健康への効果が期待される不飽和脂肪酸も、ただ闇雲にたくさん摂取すればよいということではありません。

過剰に摂取することで、逆に健康を損なう可能性もあるため、摂取量やバランスには注意してください。

ミドリムシにはn-3系の不飽和脂肪酸がたっぷり

昆布やわかめなどと同じ藻類であり、動物と植物両方の性質を持つミドリムシにはビタミンやミネラル、アミノ酸など体に必要な栄養素が59種類も詰まっています。

 

また、ミドリムシには不飽和脂肪酸もたっぷりと含まれていて、特にDHAとEPAなどn-3系脂肪酸の含有量に優れていることが特徴です。

 

食事でDHAやEPAを積極的に摂取するためには青魚が最適ですが、忙しい生活のなかで手間のかかる魚の調理は大変な場合もあるでしょう。

あるいは青魚特有の味やにおいが苦手というひともいるかもしれません。

 

青魚をなかなか食べられないというひとは、ミドリムシのサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

サプリメントなら場所を選ばずにいつでもDHAやEPAを摂取することができ、毎日気軽に続けられます。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.