ミドリムシに含まれるビタミンKの働きとは?ワーファリン服用者でも大丈夫?

ビタミンやミネラル、アミノ酸や不飽和脂肪酸などの栄養素が豊富に含まれていることでミドリムシが注目されています。

ただし、こうした健康食品を摂取するときには薬との飲み合わせも考える必要があるでしょう。

 

ミドリムシにはビタミンKという成分が含まれているので、ワーファリン服用者でも飲むことができるか疑問に感じる人もいます。

 

この記事ではビタミンKの働きと、ワーファリンとの飲み合わせを取り上げます。

ミドリムシに含まれるビタミンKはどんな栄養素?

まず、ビタミンKとはどんな栄養素なのか見ていきましょう。

 

ビタミンKは1929年、デンマークのカール・ピーター・ヘンリク・ダムがニワトリを使用した実験中に偶然発見したものです。

ちなみに、ビタミンKのKという文字は発見された順番で付けられているわけではなく、「Koagulation(血液凝固)」の頭文字を取ったものです。

 

ビタミンには水溶性と脂溶性がありますが、ビタミンKは油脂に溶ける脂溶性ビタミンの一種です。

このビタミンKは血液を凝固させる働きがあることから、「止血のビタミン」とも呼ばれています。

そのほかにも、体の骨や血管の健康維持のためにも働いています。

 

ビタミンKには食品から摂れるタイプのものと、体内の腸内細菌や組織によって作られるタイプの2種類があります。

人間の体ではその両方を利用しています。

ビタミンKの主な働きと多く含む食品

ビタミンKは体内でとても大切な役割を担っています。

ひとつ目は血液凝固作用です。ビタミンKは出血時に血液を固めて止血する因子を活性化し、血の流出を防いでくれるのです。

 

また、骨の健康維持にも効果的です。骨の中のたんぱく質を活性化し、骨の健やかな形成をうながしています。

そのため、ビタミンKは骨粗しょう症の予防や治療薬としても使われています。

 

さらに、ビタミンKは血管の健康にも役立っています。動脈の石灰化を防止して血管をしなやかな状態に保ちます。

 

ビタミンKは様々な食品に幅広く含まれているので、栄養バランスの良い食事をすることで自然と摂取可能です。

その中でも特にビタミンKを多く含む食品には、モロヘイヤやツルムラサキ、小松菜やホウレン草などの緑黄色野菜があります。

 

特に非常に豊富に含まれているのが納豆です。

40g入りの1パックには240mgものビタミンKが含まれています。

また、鶏肉や鶏卵などからもビタミンKを摂取できます。

ビタミンKが不足すると生じる健康リスク

ビタミンKが体内で不足すると様々な健康上のリスクが生じる可能性があります。

まず、出血したときに血が固まりにくくなるという点が挙げられます。

これはビタミンKが不足することで、血が固まるのに必要なプロトロンビンという物質が少なくなってしまうためです。

そうなると鼻血や胃腸からの出血が起きやすくなったり、月経過多、血尿、血液凝固の遅延などといった症状が現れたりします。

 

また、慢性的にビタミンKが不足すると、骨粗鬆症や骨折を引き起こすケースもあります。

 

ビタミンKが不足しやすいのは腸内環境が整っていない新生児や乳幼児です。

乳汁中にもビタミンK量が少ないので、新生児出血症や乳児ビタミンK欠乏性出血症をおこしやすいという点を覚えておきましょう。

 

また、長期間抗生物質を飲んでいる人も欠乏する可能性があります。

抗生物質の投与により、腸内細菌からのビタミンK供給が減少することが原因です。

 

さらに、ビタミンKの吸収に胆汁が大きくかかわるので、胆道閉鎖や肝不全の人も注意が必要です。

 

>【必見記事】ビタミンKを含む、59種類もの豊富な栄養素!健康にも美容にも嬉しいミドリムシサプリの秘密に迫る!

ビタミンKを摂るときのポイント!

ビタミンKを摂るときのポイント

次に、ビタミンKを効率よく摂るためのポイントを2つ考えましょう。

 

まずは、たんぱく質をしっかりと摂るという点です。吸収されたビタミンKは、他のビタミンと共にたんぱく質でできているキロミクロンという物質に取り込まれます。

リンパ管へと進み、血液の流れに乗って全身へと運ばれます。

ビタミンKを運ぶのに欠かせないこのキロミクロンを作るためにもたんぱく質をしっかりと摂取しましょう。

 

2つ目に意識したいのは、油脂と一緒に摂るというポイントです。

ビタミンには、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがありますが、脂溶性ビタミンは油と同時にとることで吸収がよくなるのです。

健康的な大人のビタミンK吸収率は高い場合で70~80%、低い場合では10~20%と大きく幅があります。

 

一緒に摂る油の量などによって吸収率がこれほど大きく変化するので、効率よく吸収されるよう食べ合わせを意識しましょう。

ワーファリンを服用している人は注意!

ミドリムシなどの健康食品を摂取する際には、もともと飲んでいる薬との飲み合わせが気になるという人も多いことでしょう。

 

例えば、ワーファリンを服用している人はミドリムシを飲んでも大丈夫だろうかと心配になるかもしれません。

ワーファリンとは抗凝固剤のひとつで血液が固まらないようにするための薬です。

血栓症や心筋梗塞の治療や輸血などの際に用いられています。

 

このワーファリンを服用している人は納豆やホウレン草などビタミンKを豊富に含む食材の摂取が制限されることがあります。

ビタミンKは血液を固める作用があるので、薬の効果を打ち消してしまうと考えられるからです。

 

では、ミドリムシの場合にはどうでしょうか。

やはりビタミンKが含まれているのでワーファリンを飲んでいる人は、ミドリムシを飲む際には注意が必要と言えます。

ワーファリンの効果をミドリムシのビタミンKが減少させてしまう恐れがあると考えられます。

 

ミドリムシに含まれているビタミンKはたいへん微小ですが、医師と相談したうえで慎重に考慮するのが良いでしょう。

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.