ミドリムシの起源は古い!昔から現代までの流れ

栄養満点のサプリメントとして有名になりつつあるミドリムシ。ムシを食べるなんて・・・と思う女性もいるかもしれません。

しかし、ミドリムシのことをしっかりと学べばそんな気持ちはきっとなくなるでしょう。

 

ここでは、ミドリムシの歴史や起源、その活用方法について解説いたします。

ミドリムシの歴史は5億年以上前から始まる

ミドリムシは5億年以上前に誕生した生き物であり、人類よりもはるかに長い歴史を持っています。

 

1660年代にオランダの微生物学者、アントニ・ファン・レーウェンフックがミドリムシを発見しました。

ミドリムシは学名で「Euglena」と書きますが、その由来をご存じでしょうか?

ミドリムシはべん毛付近に赤い目がひとつあり、この赤い目がきれいだったため、美しい眼の意味を持つ「ユーグレナ」と名付けられたのです。

 

1950年代になると、アメリカのメルヴィンやカルヴィンがミドリムシの光合成について研究を実施し、1961年にノーベル科学賞を取りました。

 

ミドリムシは太陽光と二酸化炭素で成長できるため、1970年代、NASAによる宇宙開発の分野でも注目を浴びました。

ミドリムシは人の呼吸によって排出された二酸化炭素で育ち、その結果、酸素をもたらします。

つまり、空気のない宇宙空間でもミドリムシはおおいに活躍できるということが研究によって証明されたのです。

 

1990年には日本でもミドリムシを利用し、医薬品の開発や二酸化炭素固定などの研究をしていましたが、実用化には高いハードルがありました。

ミドリムシは豊富な栄養素を持つため、他の微生物にすぐ食べられてしまうのです。

培養しようとしたミドリムシが細菌や微生物によってすぐに全滅する問題が研究者達を悩ませました。

 

当時の研究者達の間では「ミドリムシの大量培養は不可能」と考える意見が大半を占める状況だったようです。

ミドリムシも変化している?ミドリムシの起源とは?

ミドリムシはムシではなく植物です。ただし「植物」と一口にいっても、その種類は豊富です。ここでは、ミドリムシの起源について解説します。

 

大昔の地球では、ある真核生物が光合成に必要な細菌を取り込むことに成功し、太陽エネルギーを生体エネルギーに変換する葉緑体が生まれました。

このケースのように別の生物を細胞内に取り込んで共生することを細胞内共生と呼びます。

 

シアノバクテリアなどの細菌を細胞内共生で取り込むことで生まれた植物が一次植物です。

一次植物には日常でよく見かける陸上植物やボルボックスなどの緑藻類が含まれます。アサクサノリなど、日本の食文化に関連のある紅藻も一次植物です。

一次植物を別の真核生物が細胞内に取り込むと二次共生になり、その植物は二次植物と呼ばれます。

 

二次植物はワカメや昆布など、私たちにとって身近な生き物が該当するためイメージしやすいでしょう。

緑藻由来の葉緑体を持っているミドリムシも二次植物に分類されます。

ミドリムシ藻類の祖先で二次共生が発生したことで、現存する種は、そのときの葉緑体を保持し続けています。

二次共生を経験する前のミドリムシは藻類や細菌を捕食して活動する原生動物だったという説が有力です。

現代におけるミドリムシの活用

現代におけるミドリムシの活用

かつては大量培養が難しいといわれていたミドリムシですが、現代ではミドリムシ以外は生息できない空間を作り出す技術に成功し、量産することが可能になりました。

 

ミドリムシの活用方法として、まず注目されているのは食料不足の解消です。

人口は約0.8億人ペースで年々増加しているため、2050年には100億人を超えるといわれています。

現時点でも食料不足は懸念されていますが、今後はさらに厳しくなる見通しです。

日本の食糧自給率はカロリーベースでみると約40%未満ですので、このままいくと栄養不足になる可能性は十分にありえるでしょう。

 

この問題を解決するための手段として検討されているのがミドリムシなのです。

ミドリムシはとても小さな単細胞生物ですが、その内部には栄養素がたっぷりです。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸などサプリメントや健康食品で、日常生活でよく目にする成分が多く含まれています。

 

ミドリムシは植物ですが、固い細胞壁がないため消化率も抜群の数字を誇ります。

ミドリムシの大量培養がこのまま順調に進めば、食料不足を解消し、日本の食料自給率アップにつなげることができるのではないでしょうか。

 

また、ミドリムシは植物のため、水、二酸化炭素、光の3つがあれば培養できるので二酸化炭素削減による地球温暖化防止の効果も期待できます。

二酸化炭素の濃度を普通の水の350倍まで上昇させると、収穫量が40倍近く増えるというデータも出されています。

 

ミドリムシは今後、さまざまな分野で活躍することが期待できるでしょう。

 

【おすすめ記事】ミドリムシには私たちの健康に役立つ可能性がいっぱい!その秘密に迫る

長い間生き続けている小さくて偉大なミドリムシ

ミドリムシの起源は5億年以上前ですので、人類の大先輩ともいえる存在です。

体長は0.1mmほどのサイズしかなく、本当に小さな生き物ですが、食料危機の救世主になるかもしれない可能性を秘めています。

栄養の塊のような性質は食べられるために生まれてきたかのようなはかなさを持っているのです。

 

ミドリムシの歴史や起源を理解することで、その偉大さを認識することができるでしょう。

機会があれば1度ユーグレナのサプリメントを試してみるのがおすすめです。

 

【おすすめ記事】ミドリムシには私たちの健康に役立つ可能性がいっぱい!その秘密に迫る

 

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの豆知識に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.