ミドリムシは乳酸菌との相性が抜群!効果的な取り方は?

ミドリムシには整腸作用があるといわれています。

腸内環境を整えることは美容や健康にとって非常に大切です。

ミドリムシが腸内環境を整えるのに良いとされているのは、善玉菌の代表格である乳酸菌との相性が抜群だからだといわれています。

 

ここでは、主にミドリムシと乳酸菌がどのような関係性にあるのかについてご紹介します。

また、腸内環境を整えるための、ミドリムシの効果的な取り方についても解説します。

乳酸菌とはどのような菌?

乳酸菌とは糖類を分解して乳酸を作り出す働きをする菌の総称です。

自然界に多く存在しており、人間の腸内にもたくさん棲んでいる菌です。

代表的なものとしては、ビフィズス菌やアシドフィルス菌、フェ―カリス菌などを挙げることができるでしょう。

 

人間の腸内には約100種類、約100兆個ともいわれる細菌が生息しており、その中で乳酸菌は40種類ほど棲んでいるといわれています。

乳酸菌の働きとしては、腸内で良い菌を増やし、腸の蠕動運動を促進したり、有害な菌が増えるのを抑制したりしてくれます。

 

腸内に存在する細菌は善玉菌と悪玉菌に分類することができますが、乳酸菌がしっかりと活動している腸内では善玉菌が多く悪玉菌が少ない傾向にあります。

悪玉菌が増殖してしまった腸内では、老廃物がたまりやすくなるため、美容や健康に良からぬ影響を与えてしまうことも少なくありません。

 

美容や健康を促進するためには、乳酸菌をしっかり摂取して、腸内環境をきちんと整えてあげるということが大切です。

乳酸菌を活性化するミドリムシ

乳酸菌を活性化するミドリムシ

ミドリムシが腸内環境に良いとされているのは、乳酸菌との相性がとても良いからだといわれています。

それは乳酸菌を入れた牛乳にミドリムシを投入するかしないかでどのように変化するかを調べた実験でも証明されています。

ミドリムシを投入していない乳酸菌入りの牛乳を18時間放置しても、ほぼ牛乳の状態のまま変化しなかったのに対して、ミドリムシを投入した牛乳は同じ時間放置しておくとヨーグルト状に変化します。

これは牛乳の中の乳酸菌がミドリムシを餌にして増殖し、発酵したからだと考えられています。

すなわち、この実験によってミドリムシには乳酸菌を活性化させる働きがあることがわかったのです。

 

もちろんミドリムシだけでなく、オリゴ糖などにも乳酸菌を活性化させる働きがあることがわかっています。

しかし、ミドリムシはオリゴ糖よりもさらにそうした働きが強いといわれています。

そのため、腸内環境を整えるための成分として打ってつけだと考えられているのです。

腸まで届けたいなら有胞子性乳酸菌がおすすめ

腸内環境を整えるためには、悪玉菌に対して善玉菌を優勢にするということが大切です。

しかし、実は乳酸菌は熱や酸に弱いという性質を持っており、ほとんどが腸内に届く前に死滅してしまったり、腸内に届いたとしても胃酸で死んでしまったりします。

したがって、食べ物で乳酸菌を補うためには、熱や酸に強い性質を持つ胞子性乳酸菌を積極的に摂取するということが大切です。

 

胞子性というのは胞子を形成するということです。

この胞子は硬い殻の構造をしているため、熱や酸などから核を守ってくれる性質を持っています。

胞子性乳酸菌であれば、胃酸などで死滅することなく、十分な量を腸内にしっかりと届けることができます。

 

また、胞子性であっても、摂取する際は加熱などをしすぎないで摂ることを心がけることも大切です。

たとえば、ホットヨーグルトで腸内環境を整えるときなど、ヨーグルトを温めすぎてしまうと乳酸菌が死滅してせっかくの効果も半減してしまいます。

 

熱や酸に弱いという性質をよく理解して、加熱しすぎないように注意しながら摂取するようにしましょう。

乳酸菌を摂るならミドリムシも一緒に

乳酸菌を摂取するなら、できるだけ生きたまま腸まで届くものを選ぶことが大切です。

たとえば、ビフィズス菌やフェカリス菌などは生きたまま腸に届く善玉菌としてよく知られています。

 

また、腸内で長く生息できるかどうかも見逃せません。

ガセリ菌SP株などは腸内に長くとどまることができる善玉菌であり、腸内環境を整えるためにも積極的に摂取したい菌だといえます。

 

生きたまま腸に善玉菌を届けるためには、摂取するタイミングもきちんと考えるようにしましょう。

熱や酸に強い性質を持つ善玉菌だったとしても、胃酸の分泌が活発な時間帯に摂取すれば腸に到達する前に死滅してしまうこともあります。

そうならないためにも、乳酸菌を摂取するのは胃酸の薄まった食後などのタイミングが最適です。

摂取するタイミングを考えることで、善玉菌がより腸内で活動しやすくすることもできるようになるはずです。

そのうえで、腸に届いた善玉菌を増やし、働きを活発化することも考える必要があります。

 

そこでおすすめしたいのが、ミドリムシを一緒に摂取するという方法です。

乳酸菌を活性化させる作用が期待できるミドリムシは、一緒に摂取することで腸内での善玉菌の活動をさらに活発にすることができます。

そうすることによって、より効率的に乳酸菌を摂取することもできるようになるのです。

 

もちろん、腸内環境を整えるためには、ミドリムシを摂取するだけでなく、バランスの良い食生活や良質な睡眠習慣を心がけることも欠かせません。

そうした習慣を意識しながら、合わせてミドリムシも摂取してみましょう。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの効果効能に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.