ミドリムシに含まれる栄養成分、ミネラルとは?その効果や特徴を詳しく!

ミネラルは、人の体にとって欠かせない重要な成分です。

そのため、人の体にどのようなメリットを与えてくれるのか知っておく必要があるといえるでしょう。

 

そこで今回は、ミネラルの特徴について詳しく解説していきます。

ミネラルとは

ミネラルとは

ミネラルは、5大栄養素の1つで人間の体を構成する役割を持ち、体の働きを調節・維持するために必要な栄養素になります。

 

人間の体の約96%は、炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミンで構成されており、残りの4%がミネラルと極めて微量です。

 

しかし、人間はミネラルを体内で合成することはできません。そのため、食べ物やサプリからミネラルを摂取することで健康維持をする必要があるのです。

 

日本人に欠かせないミネラルは13種類あるとされていますが、そのうちの4種類はビタミンやたんぱく質に似たような性質を持っているので、必須ミネラルは9種類となります。

ミネラルの効果・効能って?

ミネラルが持つ効果・効能として挙げられるのが、細胞機能を維持する作用です。

人間の体にある約60兆個の細胞を正常に働かせるためには、細胞の内外にある水分濃度を適切な状態にする必要があります。

ミネラルであるナトリウムとカリウムは、その水分濃度を保つ役割を持っているので、人間の体には欠かせないものなのです。

 

また、丈夫な骨や歯を作る作用も持っています。カルシウムとマグネシウム、リンといったミネラルは人間の体を支え、内臓を守る役割をする骨の大切な栄養素です。

これらがなくなると、体の土台がなくなるということになりますから、日常生活に大きな支障をもたらします。

 

さらに、貧血を未然に防ぐ作用もあります。

血液の中にあるヘモグロビンは体内に血液を運ぶ役割を持っており、ミネラルの一種である鉄が構成要素の一部に含まれています。

そのため、鉄が不足すると血液が体全体に行き渡らなくなるので、貧血を引き起こしやすくなるのです。

 

その他にも、老化の予防や成長・代謝の促進、糖尿病の予防など、さまざまな場面で活躍するのがミネラルという栄養成分です。

ミネラルはどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

ミネラルを含む食品は

ミネラルが多く含まれる食品(食べ物)は数多くあり、含まれているミネラルの成分によって違いがあります。

 

まず、ナトリウムは食塩や醤油といったものに多く含まれています。

また、マグネシウムは豆類や種実類に、リンは牛乳・乳製品、肉類などに見られます。

カリウムは、果物や野菜、芋、小魚、緑黄色野菜などに多く含有されており、マンガンは穀類、貝類などに含まれているようです。

銅はレバー、ココア、亜鉛は魚介類、肉類などに多く入っています。

 

このように、色々な食品に複数のミネラルが含まれているため、あらゆる食品をバランスよく摂取することが体内にあるミネラルのバランスを保つために重要になります。

 

しかし、これらの食品をすべて1日で食べるのは、非常に難しいといえるでしょう。

そのうえ、ミネラルの中には体内に吸収されにくいものであったり、他の成分が入ることにより吸収を妨げられたりする可能性もあるのです。

 

バランスよく摂取するには、サプリの力が必要になるかもしれません。

 

ミネラルを摂るならこれ1つ。しかも栄養素は他にもたっぷり!美容と健康に嬉しいミドリムシのパワーとは?

ミネラルは不足するとどんな症状が起きるのか?

ミネラルが不足すると

ミネラルは体を構成する重要な栄養素ですから、不足すると体中で異常が発生します。

 

例えば、カルシウムが不足すると骨の中にはあるカルシウムが溶けてしまうため、骨がもろくなります。

そのため、骨折や骨粗鬆症の原因となるのです。

 

また、鉄分が不足した状態になれば目まいや貧血などを引き起こす可能性も高いです。

 

さらに、ミネラルが不足すると、髪の毛や爪にも影響を及ぼします。

髪の毛や爪にはタンパク質だけでなく、ミネラルも構成要素として含まれているため、抜け毛や爪にひび割れなどの異常が見られるようになるでしょう。

 

体だけでなく、精神状態にも悪い影響を与えます。

亜鉛や銅、カルシウムの不足状態が続けば、神経系の働きを維持できないため不安やイライラなどの精神症状が表れやすくなります。

 

女性の場合、ミネラルが不足すると甲状腺に影響を及ぼすため、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

そのため、生理不順などに陥りやすくなるのです。

1日にどれくらい摂取したら良いの?

ミネラルの摂取量は、厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)で細かく指定されています。

 

まずナトリウムは、1日当たり成人の男性共に600mgとなっています。

カリウムは、1日当たり成人男性で2500~3000mg、成人女性で2000~2600mgです。

カルシウムになると、1日当たり成人男性では700~2500mg、成人女性で650~2500mgとなります。

また、マグネシウムは成人男性で340mg前後、成人女性で280mg前後です。

リンは、1日当たり成人男性では1000~3000mg、成人女性で800~3000mg。

鉄は、1日当たり成人男性では7.5~55mg、成人女性で6.0~40mgとなっています。

亜鉛は、1日当たり成人男性では10~45mg、成人女性で8~35mg。

銅は、1日当たり成人男性では0.9~10mg、成人女性で0.8~10mgです。

 

ミネラルの過剰摂取は、吐き気や下痢などを引き起こす可能性があります。

ですから、これらの摂取量を守るようにしましょう。

ミネラルとその他栄養をバランスよく摂るならミドリムシサプリがオススメ

ミネラルは様々な食品から摂取できるものの、バランスよく摂取することが困難な栄養成分でもあります。

そのため、簡単にミネラルを摂取したいと考えるのであれば、サプリの力が必要不可欠です。

 

いのちのユーグレナ~極み~いのちのユーグレナ~極み~】は、必須ミネラルを含む全59種類の栄養素を含んでいます。

ミネラル不足に悩む方は一度試してみてはいかがでしょうか。

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.