ユーグレナでデトックス効果!プリン体が気になる人にもおすすめ

痛風の人や尿酸値が高い人にとって、摂取を抑えたい成分のひとつがプリン体です。

しかし、プリン体がどういう成分なのか、よく知らないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はプリン体とは何かということと、その量の調節のためにユーグレナが効果的だということについて詳しく解説します。

プリン体は摂ったらダメなもの?

プリン体とは、細胞核の中にある核酸にアデニンやグアニンといった主成分として存在している成分です。

プリン塩基と呼ばれることもあります。

 

あらゆる生物の中に存在している成分なので、人間の体内はもちろんのこと、穀物、肉、魚、野菜など、食事で摂取する食べ物の約8割の中に含まれています。

そのため食料から摂取することも多いですが、新陳代謝によって体内でも生成されます。

 

体内での含有量が増えすぎると尿酸値が高くなり、痛風の原因になります。

そのため、まるで摂取してはいけないもののように思っている人もいるかもしれませんが、実際にはエネルギーの伝達物質の原料なので身体にとって不要なものというわけではありません。

高尿酸血症や痛風の治療で行われる生活指導でも、摂取限度は1日400mgとされています。

 

つまり、ある程度の摂取は必要なわけで、摂取量をゼロにしなければならないというものではないということです。

問題は摂取することそのものではなく、過剰摂取にあると言えるでしょう。

プリン体の摂りすぎに注意が必要な理由

プリン体の摂り過ぎには注意が必要

プリン体は食品から摂取するだけでなく、もともと人間の身体の中にもあるものです。

体内のプリン体は細胞の代謝・増殖などに利用され、利用されなかったものは、尿酸として体外へ排出されます。

 

細胞が古くなって新しい細胞と入れ替わると古い細胞の核が分解され、プリン体が産出されます。

そうして生成されたプリン体は肝臓に運ばれ、尿酸になります。

本来であれば尿酸は血中に一定量ありますので、その量を超えてしまった分は尿や便と共に身体の外に排出されます。

 

しかし、食事などの影響で血中のプリン体の濃度が濃くなってしまうと結晶化し、関節などに沈着してしまうのです。

そうすると、白血球は尿酸の結晶を異物と判断して攻撃を始めるため、その部分に炎症が起こります。これが痛風の症状です。

また関節以外の部分に尿酸の結晶が蓄積した場合には、尿路結石や腎障害の原因となります。

 

そういったことを防ぐためにも、体内のプリン体量を調節することが大切なのです。

 

プリン体を摂らないのは案外難しい

プリン体はさまざまな食品の中に含まれているため、気付かないうちに必要以上に摂取してしまうことが多い成分です。

プリン体は重量当たりの細胞数が多いほど多く含まれ、特に含有量の多い食品としてはレバーや白子、タラコなどが挙げられます。

また、肝臓を丸ごと食べる煮干しなどにも多く含まれています。

 

一方で、ヨーグルトなどの乳製品にはほとんど含まれていません。

プリン体は旨味成分でもあるため、スープなどの中に多く含まれていることも多いので注意が必要です。

鍋やラーメンなどのスープは飲み干さない方がよいでしょう。

 

そして、多くの人がプリン体は食事から摂取するものと思っていますが、食べ物から摂取されるプリン体は全体の約3割にすぎず、残りの7割は体内でのエネルギー消費や新陳代謝の時にATPやDNAが分解されて作られます。

そのため、プリン体が体内で過剰になってしまうことを防ぐには、食事と体内で作られる分の両方への対策が必要となるのです。

ユーグレナのパラミロンでプリン体を排出

そこでおすすめなのが、ユーグレナです。ユーグレナ特有の成分であるパラミロンはプリン体を吸着して身体の外に排出する働きがあります。

パラミロンとはβ-グルカンの一種で、キノコ類や酵母類、海藻類に多く含まれている高分子結合の多糖類のことです。

β-グルカンには免疫力強化、コレステロール値上昇抑制といった効果もあることで知られています。

 

ユーグレナの中に含まれているパラミロンは、現在ユーグレナの中だけで見つかっているβ-グルカンです。

パラミロンの特徴としては、まず表面には無数の小さな穴があり、吸油性と吸水性に優れているということが挙げられます。

コレステロールやプリン体などの脂肪成分を取り込み、離しにくいサイズと構造をしているのです。

 

さらにパラミロンのもうひとつの特徴は、不溶性食物繊維と同じように身体に吸収されない成分だということです。

そのため、尿や便として体外に排出されやすいという特質を持っています。

 

パラミロンを積極的に摂取すれば体内の脂肪やコレステロール、プリン体をたくさん吸着し、しかもそれを体外に排出してくれるというわけです。

 

 

>【必見記事】特有成分パラミロンだけじゃない、59種類もの豊富な栄養成分。健康にも美容にも嬉しいユーグレナサプリのパワーとは?

摂取量を減らしながらユーグレナを取り入れよう

痛風の人や尿酸値が気になるという人は、ユーグレナを日常的に摂取すれば排出が促されますので、体内のプリン体量をより上手に調節することができるようになるでしょう。

しかし、ユーグレナを摂取していれば暴飲暴食してもよいというわけではありません。

 

プリン体の摂取量を考えながら食事をし、ユーグレナで余分なプリン体を排出できるようにするのが理想です。

体内のプリン体量を適正に保つことが何よりも大切なポイントだと言えるでしょう。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの効果効能に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.