リノール酸の効果や多く含む食品って?リノール酸摂取にオススメのサプリ

リノール酸は身体の中で合成できない必須脂肪酸の1つで、植物油などに多く含まれています。

コレステロールの低下、免疫機能の調節効果など重要な働きを担っている油です。

 

最近では過剰摂取が問題になっていますが、身体のためには減らしすぎないようにすることも大切です。

 

食事やサプリを利用して適量摂取を目指しましょう。

リノール酸とは

リノール酸はオメガ6系脂肪酸に分類される多価不飽和脂肪酸です。

体の中では合成できず、毎日外から補給する必要がある必須脂肪酸の1つです。

もう1つの必須脂肪酸であるオメガ3系脂肪酸と競合して働き、免疫機能を調節する働きなどを担っています。

 

またコレステロールを下げる効果も知られており、これまで健康によい脂肪酸として扱われてきました。

 

しかしサラダ油やごま油といった調理によく使われる植物油に多く含まれていることから、現代日本の食生活ではむしろ過剰摂取が問題になっています。

リノール酸の効果・効能って?

必須脂肪酸であるリノール酸は体を健康な状態を保つためには欠かせない脂肪酸です。

 

まずリノール酸には血中コレステロールを低下させる働きがあり、悪玉コレステロールの減少や血圧の低下に役立ちます。

悪玉コレステロールはホルモンの材料になるなど人体にとっては必要な脂質ですが、増加しすぎると肥満や動脈硬化の原因になります。

 

悪玉コレステロールは飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を摂取すると増加する性質があるため、肉や菓子パン、加工食品を多く摂る現代人は特に注意しなければなりません。

リノール酸にはこの悪玉コレステロールを減らし、血管の健康を維持する働きがあります。

 

ただし摂取しすぎると善玉コレステロールまで減ってしまうおそれがあるので注意が必要です。

善玉コレステロールには悪玉コレステロールを回収する働きがあるため、かえって血中のコレステロール値が増えてしまうおそれがあります。

 

そのほかリノール酸には免疫機能を調節する、うるおいのある健康な肌を作る、子供の発育を助けるなどの効能もあります。

リノール酸はどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

リノール酸を含む食品は

リノール酸は特にグレープシードオイル、コーン油、大豆油、サラダ油といった植物油に多く含まれています。

またくるみやごま、ひまわりの種などの食べ物にも豊富です。

 

リノール酸を含む植物油は調理用オイルとしてサラダや炒め物、揚げ物など幅広く使われています。

油を使った料理を食べる人であればまず不足する心配はないといえるでしょう。

 

むしろ現代の食生活においてはリノール酸の過剰摂取が問題とされることが多いです。

揚げ物などに使われる調理油、および外食やファストフードで使われている調理油はほとんどがリノール酸を多く含む油です。

したがってあまり自炊をしない人、揚げ物などを多く食べる人ではリノール酸のとりすぎになりがちだといわれています。

 

一方もう1つの必須脂肪酸であるオメガ3系脂肪酸は不足しがちです。

リノール酸に代表されるオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸はバランス良く摂取することが大切。

 

油を使った料理はほどほどにするなどリノール酸の摂取量はやや控え、オメガ3系脂肪酸を積極的に摂るようにするとバランスが良くなります。

 

>リノール酸を含む59種類の栄養成分がたっぷりのミドリムシサプリ「いのちのユーグレナ~極み~」はこちら

リノール酸は不足するとどんな症状が起きるのか?

リノール酸は人間の体内でさまざまな役割を担っています。

過剰摂取が心配されている油ではありますが、まったく取らないのは問題です。

 

まずリノール酸が不足すると肌の乾燥や皮膚炎といった肌のトラブルが起きやすくなります。

また免疫力が低下し、感染症などにかかりやすくなります。

実際にリノール酸などのオメガ6系脂肪酸が不足してしまうと、傷の治りが遅くなる、皮膚が魚の鱗状にぽろぽろと剥がれるといった症状が出てきます。

 

さらにリノール酸は血中のコレステロールの調節能力も担っているため、リノール酸が減ると悪玉コレステロールが増加し、血管がダメージを受けやすくなります。

 

加えてリノール酸を始めとする必須脂肪酸の不足は、子供の発達や成長に悪影響を与えることでも知られています。

たとえばラットを使った実験では成長期に必須脂肪酸が不足すると統合失調症を発症するリスクが上がるという可能性が示唆されています。

1日にどれくらい摂取したら良いの?

実は日本人の摂取している脂肪酸の多くはリノール酸といわれています。

これはサラダ油などリノール酸の含有量が多い植物油が使われることが多いためです。

揚げ物や炒め物、サラダなど植物油を使った料理には大量のリノール酸が含まれているため、油ものを多く食べる人は過剰摂取に陥ってしまいがちです。

調理油の一部をオレイン酸を多く含むオリーブオイルに置き換えるなど摂りすぎない工夫をしましょう。

 

リノール酸を始めとするオメガ6系の摂取量目安は1日あたり10g程度です。

 

なお理想的なオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸の比率は4~2対1といわれています。

不足しがちなオメガ3系脂肪酸とのバランスも考えながら賢く摂取していきたいものです。

 

また油脂類は含んでいる脂肪酸に関係なく、1gあたり9キロカロリーという高カロリー食品です。

 

健康に良い油も摂りすぎればカロリーオーバーで肥満の原因に。脂肪酸のバランスはもちろんのこと、1日に必要なカロリーも考えて摂取しましょう。

リノール酸とその他栄養をバランスよく摂るならミドリムシサプリがオススメ

リノール酸は体にとって必要な栄養成分ですが、過剰摂取に陥りやすいことから摂取にあたっては注意が必要といわれています。

脂質の代謝を助けるビタミンB6や脂肪酸の摂取バランスを整えるオメガ3系脂肪酸と合わせて摂取するのがおすすめです。

 

ミドリムシサプリ、ユーグレナセサミンプラス-10ageならリノール酸のほか、ビタミンB群やオメガ3脂肪酸を含む体に必須の栄養素をまとめて摂取できます。

毎日の栄養バランス向上に活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.