中高年やママは積極的に摂りたい!ミドリムシに含まれるアラキドン酸のすごいポイント

ミドリムシに含まれているアラキドン酸は、妊娠中や授乳中の女性や記憶力を高めたい、認知症対策をしたいと考えている女性の強い味方となります。

積極的に摂取するとよいでしょう。

 

そこで、アラキドン酸の成分や期待される効果、どんなものに含まれているかなどについてお伝えします。

アラキドン酸とはいったいどんな成分?

アラキドン酸は脳に多く含まれますが、体内では細胞膜を構成する役割を負っている成分ですので肝臓や皮膚など体のさまざまな細胞に存在しています。

不飽和脂肪酸の一種で、体内においてリノール酸からアルファリノレン酸、ジ・ホモアルファリノレン酸に変化しながら生成されます。

 

不飽和脂肪酸とは、1つ以上の不飽和炭素結合を持つ脂肪酸のことです。

脂肪中の飽和脂肪酸と置き換わって脂肪の特性を変化させる働きがあるといわれています。

 

また、広義の必須脂肪酸の1つに数えられています。

必須脂肪酸とは食物などで摂取する必要がある脂肪です。

生きていく上で欠かせないものであり、体内で合成されないため外部から補給する必要があります。

 

アラキドン酸はミドリムシに含まれる成分として知られていますが、主に肉類や魚介類、卵、レバーなどに含まれている動物由来の成分です。

学習力や記憶力向上にはアラキドン酸が欠かせない!

アラキドン酸は脳内神経細胞を構成する主要成分です。

そのため、アラキドン酸は脳の神経細胞の活性化と深くかかわっています。

脳を活性化させる成分であるDHAなどほかの脂肪酸とともに脳の働きをサポートする重要な成分です。

そのため、高い学習効果を得たい場合や記憶力を向上させたい場合には、アラキドン酸の摂取が効果を生みます。

 

脳の神経細胞は大人になっても神経新生が発生しているといわれています。

そのため幼少期だけでなく記憶力を高めたい人に役立つでしょう。

 

また、アラキドン酸は生体調整ホルモンであるプロスタグラジンの材料となり、免疫機能を調整する効果を持っています。

 

さらに、プロスタグラジンには血圧のコントロールやコレステロール値を下げる働きもあります。

アラキドン酸の摂取は高血圧防止対策やコレステロール値対策にもなるでしょう。

 

ただし、大量に摂取するのは避けるべきです。アラキドン酸の大量摂取は逆効果になることが知られています。

適量の摂取を心がけましょう。

アラキドン酸は肉類や魚介類に豊富に含まれている

アラキドン酸を摂取するためには、肉類や魚介類を食べるのがよいでしょう。

アラキドン酸を多く含む食品としては肉や魚以外にもレバーや卵などの動物性食品があげられます。

卵黄や豚肉、クジラ肉、さば、あゆ、うに、さらにはいわしなどを多く摂取することによってアラキドン酸を効率的に摂取できるでしょう。

 

特にこれらが材料として使われている缶詰などの加工食品を選んで摂るのがおすすめです。

 

食品で摂取することが難しい場合は、サプリメントを併用して賢く補給することも考えてみましょう。

アラキドン酸が不足すると…?

アラキドン酸が不足すると

アラキドン酸の過剰摂取はよくありませんが、不足するのも問題です。

不足したとしてもすぐに病気に直結することはありません。

 

しかし、アラキドン酸が不足することによる弊害は無視できません。

不足することによって、まず物忘れが増えるといわれています。

記憶の回路が正常に動かなくなり、集中力や記憶力の低下といった現象が発生するでしょう。

 

不足状態が続けば脳の発達に悪影響を及ぼし認知症を発症する可能性も否定できません。

 

また、不足によって疲労を感じやすくなったり気分が落ち込んだりすることもあります。

アラキドン酸は細胞を構成する成分ですので、不足すると肌の状態が悪くなることにもつながるでしょう。

 

さらに加齢による免疫力低下を和らげる効果もありますので、不足によって免疫力低下が進みやすくなる弊害も見逃せません。

 

アラキドン酸が特に必要となるのは妊娠している女性や赤ちゃんを育てている女性です。

胎児や新生児は脳を発達させる必要があります。

アラキドン酸を積極的に摂取することが胎児や新生児の脳発達の助けとなりますので、食事だけでなくサプリメントも活用して不足しないように注意しましょう。

ミドリムシにはアラキドン酸をはじめ複数の必須脂肪酸が含有

ミドリムシには数多くの成分が含まれています。代表的な成分としてアラキドン酸があげられます。

アラキドン酸を摂取するためにはミドリムシを摂取すればよいということです。

ミドリムシの摂取にはユーグレナサプリメントがおすすめです。

ユーグレナサプリを摂取する場合は説明書をよく読んで適量を摂るようにしましょう。

 

また、ミドリムシにはアラキドン酸だけでなく、DHAやEPAなどの必須脂肪酸も含まれています。

DHAとはドコサヘキサエン酸のことで、食品で摂取するためにはまぐろやはまち、いわし、さばなどを食べる必要があります。

EPAはエイコサペンタエン酸のことで、まぐろやぶり、かつお、さばなどの青魚に多く含まれているといわれています。

うなぎやあなごでも摂取できます。

ただし、毎日これらの魚類を食卓に用意するのは大変でしょう。

 

妊婦などのほか学習効果を高めたい人や認知症対策をしたい人は、ミドリムシをサプリメントで摂取することで効率的に必須脂肪酸を補給できるメリットがありますので一石二鳥です。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.