二日酔いにもユーグレナがいい?対策方法まとめ

二日酔いになってしまうとつらい思いをするだけでなく、家事や仕事にも支障をきたします。

うっかり飲みすぎそうなときには、対策を知っておくと二日酔い防止に役立つでしょう。

 

この記事では、二日酔い対策に有効な知識を紹介していきます。

そもそもなぜ二日酔いになるの?

二日酔いの原因になる物質が「アセトアルデヒド」です。

お酒を飲むと、肝臓の働きによって体内に入ったアルコールは二酸化炭素と水にまで分解されていきます。

 

アルコールの分解過程でアセトアルデヒドは生まれます。

アセトアルデヒドはアルコールよりもはるかに有害な物質であり、吐き気や呼吸障害などを引き起こすのが特徴です。

 

適量なお酒の飲み方をすると、アセトアルデビドの量も少ないので特に苦しみを感じないまま、アルコールは尿などに変わって体外へと排出されていきます。

しかし、飲酒量が増えるにつれてアセトアルデヒドの量も多くなります。

 

アセトアルデヒドが多いと分解が間に合いません。

有害物質が体内にとどまり、さまざまな副作用を引き起こします。

これが二日酔いの仕組みです。

 

アセトアルデヒドの発生する量や時間には個人差があり、少量の飲酒でも二日酔いになる可能性があります。

そのため、飲酒量の限界を自覚しておくのは二日酔い対策として重要です。

飲酒前にできる対策方法は?

二日酔いを防ぐためには、まず飲酒前に対策を徹底しておきましょう。

酔っ払ってしまうと飲酒量の歯止めが効かなくなってしまう人もいるので、事前の準備は大切です。

 

たとえば、ウコンなどアルコール分解を助ける成分が含まれた、栄養ドリンクを飲んでおくことはおすすめです。

 

また、二日酔い対策には「しっかりと食べる」意識を持ちましょう。

空腹でお酒を飲むと、アルコールの吸収率が高くなり、そのぶんアセトアルデヒドが大量発生します。

 

健康的な栄養素が大量に含まれているサラダなどは、お酒をたくさん飲む前に食べておきたいメニューです。

サラダが二日酔いに有効なのは「脂肪が含まれているドレッシング」もかかっているからです。

脂肪や炭水化物は消化に時間がかかるため、胃に入ると消化機能が活性化します。

つまり、一緒に入ったアルコールが分解されるまでの時間も早くなります。

 

食べ過ぎない程度に、油ものやお米も口にしておきましょう。

お酒の席でできる対策方法

本格的に飲み会が盛り上がってきたら、つい自分の適量を超えてアルコールを摂取してしまいがちです。

二日酔いを防ぐためには、合間に水を飲むよう心がけましょう。

体内のアルコール濃度を薄めるようにすると、内臓への負担が減ります。

 

「しじみの味噌汁」も二日酔い対策では重宝されています。

しじみには「アミノ酸アラニン」という成分が含まれており、毒素の分解をサポートしてくれるからです。

 

また、さまざまな種類のお酒をかわるがわる頼む「チャンポン」も避けたい飲み方です。

チャンポンをすると、「どれくらいの量を飲んだのか」が把握できなくなり、飲みすぎへとつながります。

たとえば、フルーツサワーなどの弱いお酒と同じペースで、日本酒などの強いお酒を飲んでしまう恐れがあるのです。

 

しかし、一番の二日酔い対策は「お酒を飲み過ぎない」ことです。

自分で決めた量を超えそうになったらお酒を頼まず、お茶や水に切り替えましょう。

二日酔いになってしまったときの対策方法

二日酔いになってしまったときの対策方法

どんなに気をつけていても二日酔いになってしまうことはありえます。

 

二日酔いでしんどいときは、まず水分補給を行いましょう。

頭痛、めまいなどの症状はアルコールの「脱水効果」によって引き起こされています。

水分を多く摂ると、症状は軽くなっていきます。

 

また、水分と一緒に塩分も奪われていくので、水分補給にはスポーツドリンクが効果的です。

 

また、お酒を飲んだ後はトイレが近くなることに加え、嘔吐をともなう二日酔いでは糖分も奪われていきます。

フルーツやジュースなど、気分が悪くても口にしやすい飲食物で糖分も摂るようにしましょう。

 

そして、体を温かくして汗をかくことが大切です。

汗にはデトックス効果があり、体内にたまった毒素を排出できます。

 

ただし、サウナやお風呂などで急激に体温を上げるのは危険なので、重ね着をするなど適度な方法を選びましょう。

二日酔いになってしまったらユーグレナで栄養補給

二日酔いになってしまうと食欲が減退します。

そのため、「治るまでは何も食べられない」という人は少なくありません。

 

しかし、アセトアルデヒドを分解するためには栄養素を摂取して内臓を働かせる方が効率的です。

気分が悪くて固形物が食べられないなら、ユーグレナで栄養補給してみましょう。

 

健康成分をバランスよく含み、水分とともに補給することで二日酔い対策になるサプリメントが「ユーグレナ」です。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸など二日酔いの最中には失われがちな栄養素をカバーできるので、症状がつらい人ほどおすすめです。

特に、食物繊維に似た「パラミロン」はユーグレナ特有の健康成分として注目されています。

 

また、ユーグレナは細胞壁がないため、多くの植物性細胞よりもはるかに消化されやすい特長を持っています。

二日酔いで体が本調子でないときこそ、内臓にやさしいユーグレナで回復を目指しましょう。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナと体の悩みに関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.