二日酔いに効果的な食べ物は何?ミドリムシも対策になる?

二日酔いになってはじめて飲みすぎてしまったと後悔する人もいるでしょう。

ときには、それほど飲んでいないのに二日酔いのつらい症状に悩まされることもあります。

 

二日酔い防止には事前の対策が肝心です。

二日酔い対策のための食べ物についてみていきましょう。

二日酔い対策になる飲み方は?

二日酔いになる理由のひとつとして、自分の許容範囲をこえた量のお酒を飲んでしまうことです。

つい、話がはずんで自分でも気づかないうちにお酒の強い人と同じペースで飲んでしまう人は特に注意が必要です。

 

まず、二日酔いの対策で肝心なのはお酒の飲み方です。

お酒だけを飲み続けるのではなく、必ずお酒を飲む合間にたくさん水を飲むことをおすすめします。

なぜなら、水分をとることで体の中でアルコールが薄まる効果が期待でき、アルコールが体内に吸収されるスピードをおさえてくれるからです。

 

水のほかにおすすめなのはトマトジュースです。

また、炭酸水やお茶、ソフトドリンクなども飲むようにするとよいでしょう。

 

二日酔いになりやすい人は、できるだけお酒を飲むだけでなく、水分をたくさんとることが大切です。

二日酔い対策にはなぜ食べ物が大切なの?

二日酔いの予防には、食べ物に気をつけるとよいでしょう。

飲む前になにか少し食べることでアルコールが胃に吸収されるスピードをゆるやかにすることができ二日酔いを予防します。

 

また、お酒を飲んだあとの食べ物にも気を使わなければなりません。

食べ物によっては二日酔いを悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。

 

楽しい飲み会では、つい飲みすぎてしまうものです。

そのため、酔ってしまう前にどんな食べ物を食べるべきかしっかり見極めることが大切です。

 

まず、たんぱく質や脂質を多く含む食べ物、野菜などは積極的にとるとよいです。

一方で、揚げ物などはあまり食べないようにしましょう。

 

たんぱく質を多く含む豆腐やチーズ、良質な脂質を含むナッツ、ゴマ、オリーブオイルなどはおすすめの食べ物です。

野菜はできるだけ食べたほうがよいのですが、特に大根、ブロッコリー、キャベツなどはアルコールを解毒してくれて肝臓を守ります。

 

これらが含まれたサラダやマリネなどがおすすめです。

揚げ物はおつまみの定番ですが、なるべく避けたほうがよいでしょう。

 

また、飲んだ後はラーメンが食べたくなる人もいますが胃もたれしないように注意しましょう。

二日酔いになってしまったときに効果的な食べ物

二日酔いの時に効果的な食べ物

気をつけていたものの朝起きたら二日酔いで頭が痛く、全身がだるいという経験をする人もいるでしょう。

二日酔いになってしまったら、どのような食べ物をとるようにすればよいのでしょうか。

 

柿は二日酔いに効果が期待できるといわれています。

ビタミンCと果糖が豊富で柿に含まれる果糖はアルコールを効率的に解毒し、肝機能を高めてくれるでしょう。

特に熟した柿や干し柿には果糖が多いのでおすすめです。

 

しじみは二日酔いによいと聞いたことがあるでしょう。

しじみに含まれるオルニチンという成分が二日酔いを改善し、肝機能を高めてくれる効果があるといわれています。

朝二日酔いで食欲がないときも、しじみのみそ汁であれば水分補給もできるので積極的にとりたい食べ物といえます。

 

朝にたまごを食べる習慣がある人は、たまごも二日酔いの改善をしてくれるので食べることをおすすめします。

卵黄に含まれるシステインは二日酔いの原因となる物質を分解し、白身は肝臓の機能を回復してくれます。

 

ほかにも肝臓を修復してくれる食べ物はアロエです。

アロエに含まれるアロエチン、ミネラル、アミノ酸が肝臓の代謝を促進してくれるでしょう。

 

さらに、アボカドも肝機能の働きを正常化させてくれます。

ビタミンEやB2も含まれているために、お酒の飲みすぎで消費されてしまったビタミンを補うことができるでしょう。

 

さらに、サプリメントやドリンクで手軽にとれるのはウコンです。

ウコンは弱った肝機能を回復する効果が期待できます。

 

二日酔いで頭痛に悩むことが多いときは、はちみつがおすすめです。

はちみつは頭痛を改善してくれますし、食べ物が喉をとおらないときも効率的にカロリーを摂取できます。

 

二日酔いで胃もたれがしたり、吐き気がしたりすることもあります。

リコピンやクエン酸を含んだトマト、消化酵素を含んだ大根おろし、クエン酸を含む梅干しは胃を修復してくれる効果が期待できるのでおすすめです。

 

お酒を飲みすぎると、おなかがゆるくなり下痢になる人もいます。

ヨーグルトは腸内環境を正常に整えてくれますし、食欲がなくても食べやすいです。

頭痛に効果が期待できるはちみつと一緒に食べてもよいでしょう。

二日酔いになったら避けるべき食べ物は?

飲みすぎてしまうと、翌朝は胃が重く吐き気がしたり、頭痛がしたりするため、できるだけ消化に悪いとされる食べ物は避けたほうがよいでしょう。

特に脂っこい食べ物、濃い味付けの食べ物や、刺激が強い食べ物はさらに胃腸に負担がかかるので二日酔いがさらに悪化することがあり注意が必要です。

まったく食べないより、できるだけ消化のよい食べ物を選んで少しは食べたほうがよいでしょう。

 

たとえば、ヨーグルトにアロエ、はちみつなどを入れることで二日酔いの改善が期待できる食べ物をまとめてとることができます。

食欲がわかない際にはユーグレナサプリで栄養摂取

二日酔いになると、次の日はまったく食べたくないというときもあります。

しかし、食欲がなくても必要な栄養素をとらないと回復が遅れてしまうでしょう。

 

そのため、効率的に栄養をとる方法としておすすめなのは、二日酔いのさまざまな症状に効果が期待できるといわれているビタミンC、ビタミンB、果糖、クエン酸などを含んだサプリメントなどを上手に利用することです。

 

ユーグレナのサプリメントなら、持ち運びも楽ですし飲みやすいのでおすすめです。

59種類もの栄養素を持つユーグレナ(ミドリムシ)が配合されているので、様々な面から二日酔いに働きかけてくれることでしょう。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナと体の悩みに関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.