妊娠中に嬉しい効果をもたらす成分がいっぱい!健康食材ユーグレナ

妊娠中は安全で体に良い食品を摂りたいものですよね。

そんな妊娠中の女性におすすめなのが、健康食材ユーグレナ(ミドリムシ)です。

栄養価が高いことで有名なユーグレナには、妊娠中に摂取したい栄養素がふんだんに含まれています。

 

健康な妊娠ライフにピッタリのユーグレナの嬉しい成分を詳しくご紹介します。

妊娠中に不足しがちな栄養素とは?

栄養は普段からしっかり摂らなければなりませんが、妊娠中は特に多くの栄養を必要とします。

中には妊娠中だからこそ積極的に摂りたい栄養素もあり、意識して摂取できることが理想です。

 

特に言われているのが、妊娠中に摂取したい栄養素として注目されている葉酸のほか、亜鉛、鉄分、カルシウム、タンパク質です。

 

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、人体の基盤であるDNAやRNAの合成や細胞分裂を助け、細胞の生産や再生を促す作用があります。

母体に対しては、子宮内膜を強化して受精卵が着床しやすくなるよう働きます。

葉酸の重要性は母子手帳にも記載されていて、まさに細胞が新しく造られる時に不可欠な栄養素なのです。

 

亜鉛と鉄は葉酸と同じように細胞分裂を助ける働きがありますが、血液にも作用し、赤血球の膜を強くして出血しにくくしてくれます。

鉄分は赤血球のヘモグロビンに含まれていて、血液中に酸素を運ぶ役割があります。

鉄分不足が貧血を引き起こすことは広く知られていますが、妊娠中は特に鉄欠乏性貧血が起きやすいものです。

これは胎児に鉄分が運ばれ、出産に備えて多くの血液をつくるためで、妊娠中は鉄分が不足しがちです。

 

カルシウムには骨や歯を健康に保つ働きがありますが、心臓の機能や筋肉の収縮などの重要な役割も持っています。

不足すると母体のみならず胎児の骨まで脆くしてしまうことがあります。そのため、妊娠中は特に多くのカルシウムを必要とします。

 

タンパク質は赤ちゃんの体をつくるのに必要な栄養素です。

妊娠中期以降のタンパク質不足は妊娠中毒症の原因になります。アミノ酸を多く含む良質なたんぱく質を摂取するように心掛けましょう。

欲しい栄養素をまとめて摂れるユーグレナ

妊娠中は普段以上に栄養バランスに注意する必要がありますが、不足しがちな栄養素のすべてをしっかりと摂取するのはなかなか大変なものです。

そこで注目されるのがユーグレナです。

ユーグレナには、上記の葉酸や鉄分などのほか、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など全部で59種類もの栄養素がふんだんに含まれています。

特に葉酸は食べ物から摂取することが難しいため、葉酸を含有するユーグレナは妊娠中の女性の強い味方となるでしょう。

 

また、摂取した栄養素をより効果的に吸収できるような働きを持つ栄養素もたくさん含んでいます。

葉酸の吸収を助けるビタミンB12、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、鉄分の吸収を助けるビタミンCや良質なたんぱく質などを一緒に摂れるのは、ユーグレナの栄養素がそれだけ豊富だからなのです。

 

>栄養成分豊富なユーグレナサプリ「いのちのユーグレナ~極み~」を見てみる⇒

ユーグレナだけの成分パラミロンにも注目

妊娠中の代表的な悩みのうちの1つに便秘があります。

妊娠をすると、消化管運動を促す消化器平滑筋がホルモンの作用で緩んだり、大きくなったお腹に圧迫された胃の消化器運動が低下したりして便秘になりやすくなってしまいます。

でも不用意に薬をのむこともできず不快な症状に悩み続けている方も少なくありません。

 

体の害になるものが一切入っていないユーグレナには、つらい便秘を解消する成分が含まれています。

その名も「パラミロン」。

パラミロンはユーグレナにしか含まれない成分で、整腸作用があります。

パラミロンは余分な脂肪とコレステロールを吸着させて排出する働きを持つ食物繊維で、消化されにくい特徴を活かし、便秘解消に効果を発揮します。

スポンジのような形をしていて高い吸油性、吸水性を持つパラミロンはまるで油を洗い流すスポンジそのものです。

妊娠初期は摂り過ぎに注意

妊娠初期は摂り過ぎに注意

妊娠中に不足しがちな栄養素がしっかり摂取できるユーグレナですが、飲み方に注意が必要な時もあります。

それは妊娠初期です。

整腸作用があるユーグレナを多量に摂取するとお腹が緩くなり下痢をしてしまう可能性があります。

 

妊娠初期はさまざまな刺激に敏感で不安定な時期なので、お腹の緩さが流産に繋がってしまう危険がないとは言いきれません。

妊娠初期は決して飲み過ぎず、用法・容量をきちんと守りましょう。

妊娠中は積極的に摂りたいユーグレナ

肉や魚、野菜などのような食品をたくさん食べるよりも手軽に栄養補給ができるユーグレナは、つわりの時にも役立ちます。

つわりにもいろいろありますが、吐き気が酷くて満足に食べ物を食べられない時期は、必要な栄養素も十分に摂れないものです。

しかし、ユーグレナなら食欲がなくてもしっかりと栄養を補給できます。

また、つわりによるイライラも軽減することができます。

 

ユーグレナは母体にもお腹の中の赤ちゃんにも優しいので、妊娠中でも安心して飲むことができるというのも人気の理由です。

自分のために、そして新しい命のために、妊娠中の栄養不足を補ってくれるユーグレナを積極的に摂取することをおすすめします。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの効果効能に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.