痛風対策に効果的?サプリメントで予防する方法

すでに痛風の発作が出たことがあるという人はもちろんのこと、健康診断で尿酸値が高いと指摘された人にとって痛風の予防法は大きな関心事でしょう。

そんな人におすすめなのが、痛風予防に効果的なサプリメントの活用です。

 

そこで今回は、痛風とはどのような病気なのか、なぜサプリメントが効果的なのかということについて詳しく解説します。

痛風ってどんな病気?原因とは

痛風とは体の中にたまった尿酸が結晶化することで、激しい関節炎といった症状が出る病気です。

主に20歳以降の男性に多いといわれています。

 

痛風になる前には尿酸値の高い状態が長く続きます。

この状態は高尿酸血症と呼ばれており、そのように診断されたことのある人は痛風になる危険性が非常に高いといえるでしょう。

 

痛風は正しい治療を行えば健康な生活を送れますが、放置していると体の各部に結節ができたり、腎臓に悪影響を及ぼしてしまったりするので注意が必要です。

 

痛風の症状は足の親指の付け根の部分などの関節が赤く腫れ上がり、強烈な痛みを伴うといったものです。

こういった症状はある日突然起き、1週間から10日ほど続きます。

発作的な症状なので痛風発作と呼ばれており、一定期間がすぎるとその症状が全くなくなってしまいます。

 

ただし、一度この症状が起きた場合には、また1年以内に症状が再発する可能性が高いので気をつけましょう。

放置しているとその期間がどんどん短くなっていきます。

 

痛風予防のためには、まず尿酸値を上げる成分であるプリン体の摂取を抑えることが大切です。

たとえば、ビールや魚卵などがその代表格として挙げられるでしょう。

 

一方、尿酸値を下げる成分を積極的に摂取するのもおすすめです。

とりわけ効果のある成分として、血液浄化作用を促すことで直接尿酸値を下げるサポニンがあります。

このサポニンが多く含まれているトンカットアリという栄養素は痛風に効果的だといわれています。

 

そのほか、アンセリンや葉酸には尿酸の生成を抑制し、排出を促す働きがあります。

尿をアルカリ性に近づける成分であるクエン酸カリウムも効果的です。

 

これらの成分が含まれている食材としては、まず高麗人参が挙げられます。

高麗人参の中には、コレステロール値を下げて血行を促進する働きがあるサポニンやジンセノサイドが多く含まれているためです。

 

また、中国や台湾で健康茶として多く用いられている菊の花も痛風に効果的です。

菊の花に含まれている菊花ポリフェノールにも尿酸の生成を抑制し、排出を促す効果があります。

痛風対策でサプリメントを飲むメリット

痛風予防や痛風対策に最も効果的なのは、何よりも病院に行って診察を受けることです。

 

しかし、普段からサプリメントを上手に活用することも痛風予防や対策に効果的な方法の一つといえるでしょう。

痛風対策にサプリメントが効果的な理由として挙げられるのは、摂取したい成分を効率的に摂れるということです。

 

サプリメントは薬ではないので、副作用の心配もそれほどする必要がありません。

また、痛風対策のためには食生活を見直す必要がありますが、サプリメントは食事で補えない栄養素を手軽にカバーできるというのも嬉しいポイントもあります。

しかも、サプリメントは手軽です。ただ飲むだけなので続けやすいというメリットも挙げられるでしょう。

 

痛風に効果的なサプリメントにはさまざまなものがありますが、とりわけおすすめなのがミドリムシのサプリメントです。

ミドリムシのサプリメントにはパラミロンという成分が含まれており、この成分が体内の有害物質に吸着することで体外への排出を促します。

 

パラミロンはプリン体にも吸着するといわれているので、尿酸値の減少にも効果が期待できるというわけです。

 

>痛風対策に59種類の栄養成分のミドリムシサプリ「いのちのユーグレナ~極み~セサミンプラス」

効果を出しやすくするサプリメントの飲み方

効果を出しやすくするサプリメントの飲み方

より効果を実感するためには、サプリメントを正しい方法で飲むことが大切です。

いくら効果のあるサプリメントでも、飲み方を間違っていれば期待した効果が得られない可能性があります。

 

まず気をつけるべきことは、コップ一杯の常温水か白湯で飲むということです。

そうすることで胃を適度に刺激し、体の中に栄養素が吸収されやすくなります。

カテキンやカフェインは栄養素の吸収を妨害する恐れがあるため、お茶やコーヒーと一緒に飲むのはやめましょう。

 

また、多くのサプリメントには飲むべき時間帯やタイミングについては何も記載されていません。

いつどのように飲んでも問題ありませんが、より効果を実感したいということでしたら食後30分以内がよいでしょう。

その時間帯は最も消化器官の働きが活発になっているためです。

 

そのほか、サプリメントだけでなく他の対策方法と併用するのも大事なポイントです。

サプリメントはあくまでも健康補助食品であって医薬品ではないということを念頭に置いておきましょう。

サプリメントを飲むときに気をつけたい飲み合わせ

痛風に効果的なサプリメントのひとつとして葉酸のサプリメントがあります。

 

しかし、葉酸のサプリメントは相性の悪い医薬品や食べ物があるので摂取する際には注意が必要です。

たとえば、抗てんかん薬の中には血中の葉酸値を下げてしまうものがあります。

普段から抗てんかん薬を常用しているという人は、葉酸サプリを飲んでもあまり効果が得られない可能性があります。

 

また、市販されている解熱鎮痛剤に多く含まれているアスピリンも葉酸と相性の悪い成分です。

アスピリンは葉酸の活性化を阻害しますので、同時に飲むのは控えた方がよいでしょう。

サプリメントで予防するのに必要な期間は?

通常、痛風予防のサプリメントは3カ月以上飲み続ければ効果が現れるとされています。

これはサプリメントがあくまでも健康補助食品であり、医薬品ではないためです。

生活習慣における根本的な問題の改善がサプリメントの大きな目的といえるでしょう。

 

そのため、いくら効果が高いサプリメントであっても、飲んですぐその効果が得られるというわけではありません。

最低でも3カ月は飲み続けるようにしましょう。

 

そうして継続していくうちに効果が定着し、食事療法だけで尿酸値をコントロールできるようになったというケースもあります。

「継続は力なり」という言葉を心にとどめておくことが大切です。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナと体の悩みに関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.