細胞壁がないミドリムシ!実は動物と植物のいいとこどり

健康や美容に良いとされるミドリムシ。特徴の1つに細胞壁がないということが挙げられます。細胞壁とは、細胞を守る役割をするものです。

しかし、この細胞壁があるとないとでは、人間に与える影響は大きく違うのです。

 

そこで今回は、「細胞壁がないミドリムシがなぜ大きなメリットなのか」について詳しく紹介します。

ミドリムシは動物でも植物でもない

小学校の理科の授業で1度は聞いたことがあるミドリムシですが、動物なのか植物なのかはっきりと分類されているわけではありません。

なぜなら、動物と植物の両方の性質を持ち合わせているためです。

ミドリムシは、葉緑体を持っているので光合成をします。したがって、植物のような特徴を持っているのです。

 

しかし、ミドリムシは2本の鞭毛を持っており、それを動かしながら移動をします。

この動きは非常に独特であるため、鞭毛運動(ユーグレナ運動)と呼ばれています。

また、ミドリムシは形が定まらない生き物ですから、縦長や丸型のように形を変形さながら移動するという特徴もあります。

このように、光合成をする植物の性質と動くことができる動物の特徴を同時に持ち合わせているのはミドリムシ以外にないため、非常に不思議な生物なのです。

細胞壁がないから吸収率がいい

ミドリムシは、食品としての有用性が高い生物です。その理由としては、細胞壁がないということが挙げられます。

この細胞壁がないと、栄養素の吸収率が高くなるので、食品として活用することができれば効率よく栄養を摂取することができるのです。

この細胞壁は、植物内の細胞にしか見られません。したがって、ホウレン草や白菜、小松菜などには細胞壁がありますから、栄養素の吸収率は低くなります。

その吸収率は正しい調理をして、なおかつ、しっかりかみ砕いて飲み込んだとしても約40%前後だといわれています。

 

一方、牛や豚などの動物性食品には細胞壁がないため、脂質や糖類と同様に栄養素の吸収率は97~100%となります。

ミドリムシは動物の性質を持ち合わせているので細胞壁がありませんから、栄養素の吸収率は非常に高い傾向です。

その吸収率は93.1%となっており、動物性食品並みの吸収率であることがわかります。

 

>【必見記事】59種類もの豊富な栄養素!しかも吸収率がいい!健康にも美容にも嬉しいミドリムシの秘密へ…

野菜の栄養素もたっぷり

野菜の栄養素もたっぷり

ミドリムシの栄養素の吸収率は高いものの、どんな栄養素が含まれているのか気になるところです。

葉緑体を持つミドリムシは光合成を行うことができますので、野菜にあるビタミンやミネラルなどの栄養素を多く含みます。

ミドリムシ100gに含まれるビタミンの含有量は、ビタミンB1が18.1mg、ビタミンB2が6.06mg、ビタミンB6は1.36mg、ビタミンB12は0.19mgです。

さらに、ビタミンCが5mg、ビタミンDは23.80mg、葉酸が0.99mgとなっています。

これらの数値はビタミンC以外、すべて1日の必要摂取量を満たすものです。

 

他にも含有量データはないものの、ビタミンEやビタミンK、パントテン酸、ビオチン、ナイアシンといった栄養素も摂取できます。

ミネラルに関しても、リンが1,820mg、亜鉛は75mg、カルシウムが196mg、マグネシウムは333mg、ナトリウムが540mg、カリウムは443mg、鉄は43mgとなり、バランスよく含まれているのが特徴です。

アミノ酸や不飽和脂肪酸も摂れる

ミドリムシはビタミンやミネラルだけでなく、アミノ酸も多く含まれています。

アミノ酸はたんぱく質を構成する大切な栄養素であり、ミドリムシにはバリンやロイシン、イソロイシンなどに代表される9種の必須アミノ酸、アラニンやアルギニン、アスパラギン酸といった8種類の非必須アミノ酸。そして、含硫アミノ酸であるシスチンを含んでいます。

したがって、ミドリムシはたんぱく源としても活用できる食品なのです。

 

他にも注目したい栄養素が不飽和脂肪酸です。脂肪酸は脂質の構成栄養素なのですが、動物性の食品にはたんぱく質が多く含まれているものの、コレステロールや中性脂肪を増やす飽和脂肪酸も多く含まれています。

一方、ミドリムシにはコレステロールや中性脂肪を調節する不飽和脂肪酸を含有しており、オレイン酸やDHA、EPAなど合計で11種類の不飽和脂肪酸が含まれているのです。

したがって、健康管理にも適した食品といえるでしょう。

不足しがちな栄養を補うのにおすすめ

植物と動物の両方の性質を持つミドリムシ。光合成をしながら体を動かすこともできるため、他にはない非常に珍しい生物だといえるでしょう。

しかし、ミドリムシに含まれる栄養素は、ビタミンやミネラルなど全部で59種類含まれているといわれます。

そのうえ、栄養素の吸収率は細胞壁がないため非常に高く、普段の食事で摂取できない栄養素を簡単に摂り入れることもできるため、食品として優秀であることがわかります。

 

他にはない珍しい生物でありながら、ヒトの体に大きなメリットをもたらしてくれるミドリムシです。

栄養を補給するために日常的に摂取しても良いですし、健康を維持するために活用することもできます。

自分の体調を整えるためには、自身で栄養管理をすることが必要になります。その武器の1つとして、ミドリムシの栄養素に注目してみましょう。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの豆知識に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.