ミドリムシに含まれる栄養成分、葉酸とは?その効果や特徴を詳しく!

葉酸は体の中も外も美しく整えてくれる栄養素として知られています。

一方で、葉酸は摂取の方法が難しいという特徴もあります。

 

この記事では、葉酸の詳しい効能や摂取方法、おすすめの摂取量などを解説していきます。

葉酸とは

葉酸はビタミンB群に属する栄養素です。葉酸は体内組織の生成において大活躍します。

たんぱく質を作り出す働きがあるので、細胞のターンオーバーを活発化させて美しい肌を生み出します。

 

また、赤血球の量を増やすためにも葉酸は役立ちます。赤血球が増えると血液の流れがサラサラになり、全身に血が行き届きます。

 

つまり、酸素や栄養素がくまなく体中をめぐるため、体調不良を防ぐ効能があります。

また、葉酸はコレステロールを下げる効果があることも判明しました。

 

葉酸の力は、ダイエットや健康に関心のある人から広く関心を持たれています。

葉酸の効果・効能って?

葉酸の効果効能って

葉酸は胎児の健康に役立つうえ、貧血も防ぐので妊婦が摂取するとポジティブな効果があります。

しかし、それ以外にも広い美容効果、健康面の効果が得られます。

 

たとえば、アンチエイジングを葉酸はサポートします。葉酸はたんぱく質の元となるアミノ酸を大量に生み出します。

たんぱく質は全ての体内組織の原料となるので、新しくて良質のたんぱく質が増えればみずみずしい肌を保てます。

くすみやしわを抑え、美肌をもたらしてくれるでしょう。

 

また、ホモシステインを減らすことでも葉酸は注目されています。

ホモシステインは血液中に含まれている成分で、量が増えると動脈硬化などの症状を引き起こします。

 

葉酸は丈夫な血管やきれいな血液づくりを支え、大病のリスクを減らす栄養素です。

また、血液の流れがスムーズになると「むくみ」や「冷え性」なども改善されます。

 

特に、美容面が気になる女性にとってはかなりのメリットを与えてくれるのが葉酸なのです。

 

>【必見記事】葉酸はもちろん、全部で59種類もの豊富な栄養素を持つ奇跡のスーパーフード「ミドリムシ」。そのの真実に迫る!

葉酸はどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

葉酸はどんな食品に

葉酸を大量に含んでいる食べ物は「レバー」です。

特に鶏のレバーについては100グラムあたり1300マイクログラムもの葉酸が含まれています。

そのほか、牛や豚のレバーについても1000マイクログラム前後の葉酸を摂取できます。

うなぎの肝やうにといった海鮮食品からも葉酸は得られるでしょう。

 

青果類で葉酸を含んでいるのはえだまめ、モロヘイヤ、芽キャベツ、パセリなどです。ほうれんそう、よもぎ、しゅんぎくといった「青菜」類も葉酸の含有量が非常に高い食品です。

サニーレタスやブロッコリー、アスパラガスなどにも葉酸はあるので「野菜サラダ」は葉酸を摂るにはおすすめのレシピです。

 

酒かすや日本茶、抹茶なども葉酸を含んでいます。

ただし、葉酸は水溶性の栄養素であり、お湯で加熱をすると失われてしまうリスクがあります。

 

葉酸を含む野菜を調理するときはできるだけ生にして、スープや鍋などにしないよう注意しましょう。

葉酸は不足するとどんな症状が起きるのか?

葉酸が不足すると、妊娠中の女性のトラブルにつながります。

胎児の不調などにもつながるので、妊婦は特に注意して葉酸を補給するように努めましょう。

 

それ以外の人でも葉酸が不足すると体調不良が現れます。たとえば、葉酸は血液や血管をコントロールしてくれる栄養素なので、量が少なくなると血行が悪くなります。

血がスムーズにめぐらなくなると十分な酸素や栄養が全身に行き渡らないため、疲れやすく体が常にだるくなっていきます。

 

また、むくみや冷え性の原因にもなるでしょう。貧血気味な状態が長く続いていると、葉酸が足りていないサインです。

 

また、細胞のターンオーバーも担っている葉酸は、皮膚が新しく生まれ変わるスピードを早くしてくれます。

つまり、葉酸が減ると古くなった細胞や肌荒れが放置されがちになり、しわやしみが刻まれていきます。

 

特に、乾燥や日差しがきびしい季節の肌トラブルに悩まされがちな人は、葉酸の摂取に気をつかって肌を守る必要があります。

1日にどれくらい摂取したら良いの?

葉酸は性別に関係なく、成人なら1日に240マイクログラムの摂取が推奨されています。

また、妊娠を目指す女性の推奨摂取量は640マイクログラムです。

 

葉酸は過剰摂取すると健康に良くありませんが、食品の中の含有量が非常に少ないため、滅多に過剰摂取までいたりません。

普通に「葉酸をたくさん含んでいる食品」をバランスよく食べるように心がけていれば、推奨量以上の葉酸は健全に摂取できます。

妊婦の場合は推奨量が1日480マイクログラムに変わります。

 

ただし、葉酸は非常に保存が難しい栄養素です。調理中、加熱したり水に入れたりして葉酸が失われることは珍しくありません。

 

また、葉酸をたくさん含んでいる「レバー」や「パセリ」「青菜類」などに苦手意識がある人もいます。

食事だけで葉酸の推奨量を満たすのが難しい場合もあるでしょう。

 

そこで、おすすめなのがサプリメントによる葉酸の摂取です。

サプリメントなら葉酸を閉じ込めて逃がす心配がなく、確実に推奨量を摂取できます。

葉酸とその他栄養をバランスよく摂るならミドリムシサプリがオススメ

ミドリムシのサプリで

葉酸を毎日摂取するには栄養素59種類を含んだミドリムシサプリがおすすめです。

ビタミンやミネラルをバランスよく配合したサプリであり、忙しい1日の合間にも手軽に栄養補給できます。

また、カプセルタイプで飲みやすく「葉酸は摂取したけど葉酸を含んだ食品が苦手」という悩みも解決してくれます。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.