血圧や肝機能に心配な方必見!ユーグレナに凝縮されている必須アミノ酸の効能を解説

健康的な体作りにはビタミンやミネラルも重要ですが、必須アミノ酸も欠かせません。

 

ユーグレナ(別名ミドリムシ)には必須アミノ酸が豊富です。

必須アミノ酸がどのような働きをするのか、ユーグレナにはどのくらい必須アミノ酸が含まれているのかを説明します。

意外と奥深い!アミノ酸の働きとは?

アミノ酸は、血液や皮膚、筋肉など人の体を作るたんぱく質を構成する栄養素です。

たんぱく質はそのままでは大きすぎて吸収できないため、体内で一度アミノ酸に分解されます。

その状態で吸収された後、何百ものアミノ酸がつながって再び一つのたんぱく質となります。

 

たんぱく質は体の約20%を占めている、つまり体の約20%はアミノ酸で作られているのです。

 

アミノ酸の働きは体内だけにとどまりません。

たんぱく質はあまり味がしないのですが、アミノ酸は種類によって甘みや苦みなどさまざまな味を持っていて、その組み合わせは食べ物の味を大きく左右します。

 

また、美容にも重要な成分です。皮膚は一番表面に角層があり、その奥に表皮があります。

表皮にはたんぱく質が含まれていて、表皮が角層となるときにたんぱく質が分解されてアミノ酸になります。

このアミノ酸が皮膚の保湿成分です。

 

他にも、髪の保湿成分もアミノ酸ですし、コラーゲンもアミノ酸から作られています。

 

アミノ酸は人体を構成するだけではなく、食事や美容などその働きは多岐にわたります。

必須アミノ酸と非必須アミノ酸の違い

自然界で発見されているアミノ酸の種類は約500種類です。

そのうち生命活動に欠かすことができないのは20種類。この20種類が複雑に組み合わさることでさまざまなたんぱく質が作られます。

 

つまり、一言にたんぱく質といってもその組成はアミノ酸によって異なり、たんぱく質の持つ機能もそれぞれ変わってくるのです。

 

20種類のアミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分かれます。

必須アミノ酸とは体内で合成できないアミノ酸のことで、食事から摂る必要があります。

バリン、イソロイシン、ロイシン、フェニルアラニン、トリプトファン、メチオニン、リジン、トレオニン、ヒスチジンの9種類です。

 

一方、非必須アミノ酸は体内で他のアミノ酸から合成できるものを指します。

アスパラギン酸、アラニン、アルギニン 、グリシン 、グルタミンなど残りの11種類が非必須アミノ酸です。

 

なお、非必須アミノ酸のうち、アルギニン、グルタミン、システイン、チロシンの4つは準必須アミノ酸と呼ばれることもあります。

体内でもわずかに生成しているのですが、生成量が少ないため食べ物からも積極的に摂り入れたほうが良いとされています。

 

必須と非必須という言葉は誤解を生みやすいのですが、非必須というのは人体にとって必要ないという意味ではありません。

あくまで食事で摂り入れる必要があるかないかという違いです。

必須アミノ酸は血圧や筋肉に深くかかわる成分

必須アミノ酸は血圧や筋肉に深くかかわる成分

バリンは筋肉の成長に関わり、血液中の窒素バランスを調整してくれます。

ロイシンには筋肉の合成を促進し、分解を抑えてくれる効果があります。

イソロイシンは血管の拡張や神経機能の補助などに有効です。

 

この3つの必須アミノ酸をまとめて分鎖岐アミノ酸といい、その英語訳である「Branched Chain Amino Acids」の頭文字から「BCAA」と呼ばれます。

いずれも筋肉を作るのに重要なアミノ酸です。

 

他にも、血圧を上昇させるフェニルアラニンや、血圧をコントロールしてくれるトリプトファンなど、必須アミノ酸は血圧にも影響します。

必須アミノ酸は筋肉の生成や血圧のコントロールにかかわる栄養素です。

必須アミノ酸をうまく摂取するためには「アミノ酸スコア」をチェック!

アミノ酸スコアとは、食品中のたんぱく質を必須アミノ酸のバランスから評価する方法です。

WHOなどの国際機関が理想的なアミノ酸のバランスを定めており、それと実際の食品中のたんぱく質を比較して評価します。

 

各アミノ酸の割合が理想に近ければスコアは高く、遠ければ低くなります。

スコアが高い食品は理想的なたんぱく質を持っているということなので、アミノ酸スコアはたんぱく質の質を評価する指標ともいえるでしょう。

 

一般的には植物性よりも動物性のたんぱく質のほうがアミノ酸スコアは高いです。

 

動物性食品で代表的なものとしては、鶏卵や牛乳、牛肉、鶏肉、豚肉、さけ、まぐろなどがありますが、これらはいずれもスコアが100となっています。

つまり、ほぼ理想通りのアミノ酸バランスを持っているということです。

 

一方、植物性食品は、精白米61、パン41、とうもろこし31、じゃがいもは少し高めで73となっています。

 

自分が食べた食品に含まれるアミノ酸を計算して足りないものを補う、という方法でも必要なアミノ酸を摂り入れることはできるでしょう。

 

しかし、簡単にアミノ酸バランスを整えたいならスコアが高いものを食べるほうが効率的です。

ミドリムシのアミノ酸スコアは高得点!

ミドリムシのアミノ酸は18種類で、必須アミノ酸は9種類すべてが含まれています。

 

アミノ酸スコアは83です。

アミノ酸スコアだけで見ると動物性の食品のほうがバランスが良いように思えますが、肉や魚だとカロリーが気になる方も多いでしょう。

その点、ミドリムシのサプリメントならカロリーオーバーを心配する必要はありません。

 

さらに、ビタミンやミネラルなど健康に良い栄養が数多く含まれています。

アミノ酸が不足すると十分なたんぱく質が作られず、肌荒れや体調不良を引き起こす可能性があります。

 

ミドリムシのサプリメントを活用して足りないアミノ酸を補いましょう。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.