長い歴史を持つユーグレナ!その歴史を紐解く

美に関心が高い女性をはじめ、自身の体の健康を気遣う人々から注目を集めているのが「ユーグレナ」です。

鮮やかな緑色が特徴的なユーグレナの姿は登場以来人々の関心を集めています。

 

ネットやテレビなどのメディアで紹介されることも増えているユーグレナですが、その効果や歴史について詳しく知っている方は意外に少ないのではないでしょうか。

 

今回は、知られざるユーグレナの歴史とブームが起きるまでの道のりに着目しましょう。

5億年以上前に誕生したユーグレナ

5億年以上前に誕生したユーグレナ

ユーグレナは、自力で光合成をする力を持った微生物のことで高い栄養価を持っています。

 

1660年に、「微生物学の父」と呼ばれるアントニ・ファン・レーウェンフック氏によって発見されました。

ユーグレナの学名はレーウェンフック氏によって、eu(ユー)、glena(グレナ)というラテン語を元に命名されました。

ラテン語でユーは「美しい」という意味を、グレナは「眼」を意味します。

 

ミドリムシとも呼ばれるこの微生物は、なんと5億年前に地球で誕生したと考えられています。

長い歴史を持つユーグレナは、宇宙や生物の成り立ちを見る上でも重要な生物と考えられているのです。

 

個体で光合成を行い栄養素が高いこともあり、発見当初から研究機関の注目を集めてきたユーグレナ。

1961年にはユーグレナの光合成に関する研究でメルヴィン・カルビン氏らがノーベル賞を受賞しました。

また、1970年代に入るとユーグレナが宇宙開発に役立つのではないかと研究が進められます。

その内容は、ユーグレナの光合成ができる性質を利用して宇宙飛行士の酸素を確保しようというものでした。

 

しかし、ユーグレナは非常に栄養価が高い微生物であることから、その他の微生物に食べられてしまい大量に培養することが難しいという壁に直面します。

研究は断念され、ユーグレナの力が宇宙開発で活かされることはありませんでした。

日本でのユーグレナ研究の成果とは?

ユーグレナが発見されてからサプリメントなどの食品に配合されるまでに長い時間がかかりました。

その間、ユーグレナの研究はどのように行われていたのでしょうか。その研究の歴史に注目してみましょう。

 

世界のユーグレナに関する研究は、1970年以降も続けられて来ました。1990年代には、医療や医療品の開発を最終的な目標にした研究が進められます。

しかし、ユーグレナを大量培養することは難しく、思うような成果は上がりません。

また、ユーグレナの研究に苦悩していたのは日本も同じです。

 

1980年代には日本でユーグレナを使用した「ニューサンシャイン計画」が発足します。

問題となっていた食料自給率や二酸化炭素の削減を目的に、「ユーグレナの大量培養」を研究機関が試みたのです。

栄養価が高いユーグレナを食品として活用し、人が生活するうえで排出される二酸化炭素をユーグレナの光合成で削減しようというのが研究の狙いでした。

 

しかし、ユーグレナが他の微生物に捕食されやすい性質を持つことから大量培養は困難を極めます。

結果としてニューサンシャイン計画は2000年に終了してしまいます。

 

ユーグレナの大量培養はNASAでさえも断念してしまう困難な研究です。当時の技術では不可能だと考えられていました。

 

>【必見記事】奇跡のスーパーフード「ユーグレナ」。59種類もの豊富な栄養素で健康にも美容にも嬉しい、その真実に迫る!

2005年に世界で初めて大量培養に成功

ユーグレナの研究に革命をもたらしたのが「株式会社ユーグレナ」です。

株式会社ユーグレナの創始者である出雲氏は、東京大学在学時にバングラデシュを訪れます。

当時のバングラデシュは貧困問題が深刻化していました。

日本では目の当たりにすることがない貧困問題を間近で見た出雲氏は「人々を貧困から救うための万能食はないのか」と研究を重ねユーグレナの存在を知ります。

出雲氏はユーグレナの栄養価と二酸化炭素を酸素に変換する「光合成」の力であれば、貧困問題や二酸化炭素の問題を軽減できると考えていたのです。

 

そのためにはユーグレナを大量に培養しなくてはなりません。出雲氏は東京大学在学中にユーグレナに関する研究を開始します。

卒業後、銀行員として働きますがミドリムシの研究を進めるために退社し、時間を研究に費やしました。

 

そして2005年12月、見事にミドリムシの大量培養に成功しました。誰も成し得ることができなかった大量培養を可能にした株式会社ユーグレナは研究者から注目を集めます。

ユーグレナを配合した機能性食品やサプリメントは多く出回っています。

そこに使用されるユーグレナは、株式会社ユーグレナによって培養された製品がほとんどです。

ユーグレナは石垣島の恵まれた自然環境の中で大量に培養されています。

株式会社ユーグレナの中で研究は続けられており、将来的には環境保全やエネルギー開発にも役立てられるのではないかと注目を集めています。

長い歴史の果てに地球を救うユーグレナ

太古から地球に存在し続けたユーグレナ。その微生物には、恐るべきパワーと歴史が隠されていたのです。

しかし、そのパワーを人間の生活に活かすとなると大量に培養することが必須になります。

不可能といわれてきたユーグレナの大量培養を可能にした株式会社ユーグレナの功績は世界的にも評価されているのです。

 

ユーグレナが配合されたサプリメントや機能性食品は、研究者の絶え間ない努力の上に築き上げられたといえるでしょう。

ユーグレナが配合されたサプリメントや機能性食品が人々の手に渡るまでには、長い研究の歴史が隠されているのです。

 

こちらもあわせて読みたい
↓↓↓↓↓↓

バランスの取れた健康食品!ユーグレナを選びたい理由

ミドリムシ・ユーグレナの豆知識に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.