ミドリムシに含まれる栄養成分、EPAとは?その効果や特徴を詳しく!

EPAは主に魚やユーグレナに含まれる不飽和脂肪酸で、血液をサラサラにしてくれるなどさまざまな健康効果が認められています。

欧米型の食生活ではとりづらい油といわれており、魚を食べる機会の少ない人は不足に注意が必要です。

 

最近では魚不足の人向けにEPAを補うサプリメントも発売されています。

EPAとは

EPAはDHAと同じく魚由来の脂質に豊富に含まれる脂肪酸で、オメガ3系脂肪酸の脂肪酸です。

 

魚やアザラシをたくさん食べるイヌイットに心筋梗塞などの疾患が少ないことから注目を浴びた成分で、その後研究を通して血流改善効果やアレルギー改善などさまざまな健康効果があることがわかってきました。

 

EPAを含むオメガ3系脂肪酸は体内で合成できない必須脂肪酸です。

したがって食事やサプリメントを通して毎日摂取する必要があります。

 

生活習慣病の予防にも役立つと期待されている成分ですので、積極的に取り入れていきましょう。

EPAの効果・効能って?

EPAの効能効果って

EPAには血液を固まりにくくする働きがあり、血液をサラサラにして血流をよくし、血の塊である血栓ができるのを防いだり血圧を下げたりする効能があります。

このことから血栓が血管に詰まることで起きる心筋梗塞や虚血性心疾患、脳梗塞などの重大な疾患の予防に効果的です。

 

またEPAにはDHAと同じように血中のコレステロールや中性脂肪を下げる働きもあります。

 

ただ同じような働きがあるといっても両者の効能は微妙に違います。

EPAは中性脂肪、DHAはコレステロールを下げる力に特に優れているといわれているのです。

したがって両方を同時にとるようにするとより効果的です。

 

さらにEPAを始めとするオメガ3系の脂肪酸には過剰な炎症を抑制し、免疫機能を正常に保つ効果も期待できます。

 

また情報伝達物質の合成や神経の栄養になる物質を増やす作用があるため、うつ病の改善・予防効果なども確認されています。

 

心と体の健康を守るためにも必要不可欠な栄養素といえるでしょう。

EPAはどんな食品(食べ物)に多く含まれるの?

EPAを含む食品は

EPAはDHAと同じく魚由来の脂質に多く含まれます。

さば、あじ、いわしなどの青魚、さけ、いくら、うなぎ、あなごなど脂質を多く含む魚に豊富です。

 

オメガ3脂肪酸には酸化しやすい性質があるため、できれば高温調理を避けて摂取するのが望ましいといわれています。

魚であれば刺身の形でとるのがベストです。

 

そして加熱する場合は調理時の温度が高くなりづらい調理方法がベター。揚げるよりも煮る・焼くといった方法のほうがEPAの減少を抑えられます。

手軽にとれる食品の中では、さばの水煮缶やイワシの蒲焼缶といった魚の缶詰も意外におすすめの食べ物です。

 

魚の油に含まれるEPAやDHAは普段魚を食べない人には不足しやすい栄養素です。

魚の消費量が減っている日本人は意識してとる必要があります。

 

外食ばかりで魚を食べる機会がない、もしくはそもそも魚が嫌いで食べたくないという人は魚油やユーグレナといったDHA・EPAを含むサプリメントを利用しましょう。

EPAは不足するとどんな症状が起きるのか?

EPAは血液や血管の健康を守るためには不可欠な栄養素です。

 

EPAが不足すると血栓ができやすくなり、血管が詰まりやすくなります。

また血中の過剰なコレステロールや中性脂肪による動脈硬化も懸念されるところです。

 

特に肉や乳製品などから飽和脂肪酸を多く摂取している人、菓子パンやファストフードなどトランス脂肪酸を含む食品をよく食べている人は、血中のコレステロールや中性脂肪が増えやすく、それによる悪影響が出やすい状態にあります。

それだけに動脈硬化や血管の詰まりが原因で起こる、心筋梗塞や脳梗塞といった病気を発症するリスクが高くなると考えられるのです。

 

さらにEPAは精神状態を安定させる効果およびアレルギー症状を抑える効果もあります。

 

したがってEPAが不足してしまうとうつ病などの精神疾患、花粉症、アトピーといったアレルギー疾患にかかる確率が上昇するといわれています。

 

EPA不足はこれらの病気を悪化させる原因になっている可能性があるのです。

1日にどれくらい摂取したら良いの?

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によれば、EPAを含むオメガ3系脂肪酸全体で1日2g程度が摂取目安として定められています。

そのうちEPA・DHAについては2010年度版において合わせて1g以上の摂取が望ましいとされています。

 

DHA・EPAを1gとるためには90g以上の魚に相当します。

大きめの魚の切り身なら1切れ、脂質の多い魚の刺身で2~5切れが目安です。

食事からEPAを補給する場合は、毎日1食は魚を食べる習慣を身につけると良いかもしれません。

 

ただしEPAは油の1種なので、1gあたり9kcalとかなりの高カロリーです。

EPAをたくさんとろうとして脂の乗った魚を食べすぎてしまうとカロリーオーバーになるリスクが出てきます。

 

また特にサプリメントでEPAを補給する場合についてはEPA自体のとりすぎにも気をつけなければなりません。

 

EPAを多く含む魚油のとりすぎには、吐き気やゲップ、鼻血、軟便といった副作用があることが知られています。

 

また血液を固まりにくくする作用があることから、EPAのとりすぎには出血が止まらなくなるリスクもあります。

 

いくら健康にいい脂肪酸とはいってもとりすぎには注意しましょう。

EPAとその他栄養をバランスよく摂るならミドリムシサプリがオススメ

ミドリムシ独自の成分パラミロン

外食が多いなど栄養バランスが気になる方におすすめなのが、スーパーフードであるユーグレナ(ミドリムシ)です。

 

ユーグレナは現代の食生活で不足しがちなEPA・DHAのほか、ビタミン・ミネラル類などさまざまな栄養素を含んでいます。

 

いのちのユーグレナ~極み~いのちのユーグレナ~極み~は1日の摂取目安4粒の中に、ユーグレナ成分を1,040mgとぎゅっと凝縮。

天然由来の良質な栄養素をたっぷり補給できます。

 

美容と健康に気を遣う方にこそ試してほしいサプリです。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.