EPAを摂るならミドリムシがおすすめ!期待される健康効果を一挙紹介

EPAは健康によい成分だといわれています。そのため効率的に摂取することが大切です。

EPAは青魚を食べることで補給できますが、効率よく摂取する方法としてはミドリムシがおすすめです。

 

そこで、EPAの概要と摂取方法などについてお伝えします。

必須脂肪酸・EPAの特徴を知っていますか?

EPAはエイコサペンタエン酸の略称です。不飽和脂肪酸で必須脂肪酸の1つでもあります。

 

必須脂肪酸の特徴は、生きていく上で欠かせない脂肪酸であるにもかかわらず体内で合成できないことです。

そのため、EPAを補給するためには食品などで外部から摂取するしかありません。

 

EPAは体内に吸収されるとDHAに変換される作用があります。

また、不飽和脂肪酸であるEPAは体内で固まらないという特徴があり、血液をサラサラにしたり、体液の流れを良くして前向きな気持ちをサポートしたりすることなどに役立つといわれています。

 

そのため、EPAはDHAとともに健康によいとして注目されている成分です。

EPAに秘められた健康効果とは

EPAに期待される健康効果は主に2つあげられます。

 

1つ目は血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる効果です。

また、善玉コレステロールを増加させる効果も期待できます。

 

中性脂肪や悪玉コレステロールが減少すると血栓が生じることを防いでくれ、結果としてサラサラの血液になるでしょう。

その結果、血流がよくなり血管の健康状態も良くなるでしょう。

 

2つ目の健康効果はアレルギーの原因物質を抑える効果です。

EPAにはプロスタグランジンという成分が含まれています。

プロスタグランジンの特徴は、花粉症などのアレルギー症状改善に役立つ働きがあることです。

炎症の原因となる物質の抑制効果もあるといわれています。

EPAは青魚に多く含まれるけど調理方法に注意!

EPAは体内で生成されません。そのため、EPAを含む食品を積極的に摂取することがEPAの補給方法です。

 

EPAを多く含む食品は青魚です。青魚の油にはEPAが豊富に含まれています。

特に、さんまやマイワシ、サバ、キンキ、マグロ、さらにはウナギのかば焼きやマアジなどに多く含まれていることが知られています。

 

また、生魚だけでなく缶詰や油漬けなどの加工食品でも摂取可能です。

生の場合と比較すると煮たり焼いたりすることで約20%のEPAが失われことになります。

 

調理方法には注意が必要です。効率よく摂取したい場合は生魚で補給するとよいでしょう。

 

それでも、生魚が苦手だったり買い物に行けず新鮮な魚を購入できなかったりする場合もあります。

生魚で十分摂取することが難しい場合は加工食品で摂取するのが次善の策です。

 

さらにオメガ3脂肪酸と呼ばれるアルファリノレン酸を摂取するという選択肢もあります。

オメガ3脂肪酸は体内でEPAやDHAに変換するものです。

オメガ3脂肪酸を含むアマニ油やしそ油、えごま油を摂取することもEPAの補給に役立ちます。

DHAとは何が違う?

DHAとEPAは何が違う?

EPAと並んで健康によいと注目されている成分としてDHAがあげられます。

EPAとDHAはその効果が似ているため混同されることも多いです。

しかし、この2つの成分には違いがありますので、正しく把握しておく必要があるでしょう。

 

DHAは乳幼児の脳や神経の発達に欠かせない物質だといわれています。

1989年にロンドン大学の著名な博士が「日本の子供の知能指数が高いのは魚をよく食べるからではないか」と注目したことによって研究が進んだ成分です。

大人が摂取しても健康に役立つ面はありますが、主に子供が摂取するとよいとされています。

 

一方、EPAは血液や血管の健康維持に欠かせない成分で、主に大人が摂取することで効果が期待できます。

 

EPAとDHAはどちらが不足してもお互いをカバーできません。

そのため、両方を不足なく摂取することが大切です。青魚を摂取すれば両方を補給できます。

 

不足しがちな場合はサプリメントを活用して補給することをおすすめします。

EPAをしっかり補給するコツ

EPAを補給するためにはコツを理解する必要があります。

補給するコツは2つあります。

 

まずEPAが豊富に含まれている青魚を食べる量を増やすことです。

1日に必要とされるEPAの量は1~1.5グラム程度だといわれています。

魚をよく食べる家庭では不足することはほとんどありませんが、肉類が中心の家庭の場合は不足する可能性があるでしょう。

積極的に青魚を摂るのがEPA補給のコツです。

 

もう1つのコツはサプリメントの活用です。

ミドリムシには100グラムあたり210ミリグラムのEPAが含まれているといわれています。

十分な量の魚を食事で摂るのが難しい場合は食事だけでなくサプリメントも活用するのがおすすめです。

ユーグレナサプリメントなどを摂取すれば効率よくミドリムシが持っているEPAを補給できます。

 

また、そのほかにもEPAが含まれているサプリメントがありますので、食事と併用して適量を摂取するように心がけましょう。

 

健康な生活を手に入れるためにもEPAを賢く補給することをおすすめします。

 

 

ミドリムシ・ユーグレナの成分に関する人気記事

ミドリムシ・ユーグレナに関する必見記事

▲ページ先頭へ
Copyright Sixth sense Lab Co.,Ltd. MIDORIMUSHI SHOP. All Rights Reserved.